「虹の森公園 おさかな館」の見どころ・楽しみ方

虹の森

四万十川の魅力を紹介している、淡水魚の水族館

愛媛県にある「虹の森公園おさかな館」は、約70種・12,000匹の四万十川の生き物を飼育展示しています。魚だけではなくペンギンやカワウソも飼育中!移動水族館や出前授業も大人気の、地元密着型水族館です。

屋外ジオラマ水槽で楽しもう

屋外にあるオープン形式のジオラマ水槽は四万十川の源流から河口までを模した展示になっています。周りに四万十源流植物をあしらった自然の雰囲気たっぷりの水槽で、四万十川にすむ生物たちの生き生きとした姿を観察することができますよ。太陽光が降りそそぐ水槽の中でアユやマスの群れが泳ぐ様子は、まるで一枚の絵を切り取ったかのような秀逸な景観です。

また、河口域にすむ幻の魚・アカメを多数展示しているのも必見です。その名の通り赤い目が特徴のアカメは、おさかな館が展示尾数国内No.1だそうですよ。

もう一つのメインは、「半トンネル型のアマゾン水槽」です。世界最大級の淡水魚・ピラルクや黄金のアロワナ、パールムなどの大きな魚たちが泳ぎ回る姿は迫力満点で思わず見惚れてしまいますね。

イベントも盛りだくさん!

この水族館はイベントの豊富さも魅力で、土・日・祝日・長期休暇中はさまざまなイベントを楽しむことができます。

人気の「おさんぽペンギン」は1日2回、かわいいペンギンが館内をお散歩するイベントです。散歩の後は記念撮影もできますよ。またペンギンのふれあい体験やお食事タイムのイベントも開催しています。普段、なかなかふれる機会のないペンギンの背中をなでたり、食事風景を見学したりできますよ。

「カワウソのおやつタイム」も人気です。おやつの入ったカップを差し出すと、カワウソが窓から手を出して食べてくれます。その姿がたまらなくかわいいので必見です!「カワウソのお食事タイム」は土日祝だけではなく、毎日開催しているイベントです。カワウソが手を使って器用に食事をする姿を楽しんでくださいね。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常
高校生以上 900円
小・中学生 400円
幼児(3歳以上) 200円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 10:00 ~ 17:00
休館 水曜日, 1月1日 ※祝日・春休み・GW・7月・8月・冬休みは無休

公式ホームページ

虹の森公園おさかな館

関連記事

  1. 「長高水族館」の見どころ・楽しみ方