「福山大学マリンバイオセンター水族館」の楽しみ方ガイド

大学内の研究施設にある水族館

「福山大学マリンバイオセンター水族館」は、福山大学・大学生命工学部海洋生物科学科研究所の中にある水族館で、無料で見学することができます。瀬戸内海にすむ生きもの150種類以上を飼育展示しており、周辺の河川にすんでいる魚たちも観ることができます。学生の実習も行われる付属施設なので、本格的な展示になっています。

瀬戸内の海を堪能しよう

水槽は21基あり、それぞれに工夫を凝らしているのでどれも見応えあり!

瀬戸内海の魚との比較のために熱帯・亜熱帯のカラフルな魚達を展示している「海の小さな宝石箱水槽」や、トラウツボやネコザメなどのユニークな習性や生活様式を紹介する「おもしろ生態水槽」などがありますよ。また、実際に研究を行っている「お魚実験水槽」があるのも大学付属の水族館ならではですね。

海の生きものだけではなく、水族館周辺の川にすんでいる魚やなじみ深い金魚やメダカ、見た目がユニークなメキシコサラマンダー(ウーパールーパー)など、淡水の生きものにも会えます。

大きな水槽は見応え充分

「瀬戸内海のおさかな大水槽」は、水族館の開館当初からメイン水槽として親しまれてきました。瀬戸内海では有名なドチザメや群れをなして泳ぐマダイやメジナ、大きくて堂々とした姿のチャイロマルハタなど、瀬戸内海のさまざまな魚たちを観察することができます。大きな水槽を悠々と泳ぐ姿はずっと眺めていたくなるほどの魅力がありますね。

タッチングプールでのふれあいやキッズルームも楽しい!

「タッチングプール」では、水族館周辺の海岸にすむ無脊椎動物などを展示しています。ヒトデやウニ、ナマコやアメフラシなど普段はなかなか触る機会のない生き物たちに、実際にふれて間近で観察することできるコーナーです。

また、小さいながらもキッズルームがあるので小さなお子様連れのファミリーも楽しめます。このコーナーでは同じ目線でサメを見たり、ヌイグルミで遊んだり、魚の絵本や図鑑を読んだりできます。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常
無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 10:00 ~ 16:00
休館 日曜日, 祝日, お盆, 年末年始

公式ホームページ

福山大学マリンバイオセンター水族館

関連記事

  1. 「マリホ水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 宮島水族館

    「宮島水族館」の見どころ・楽しみ方