「宮島水族館」の見どころ・楽しみ方

宮島水族館

世界遺産のすぐそば!竜宮城のような水族館

宮島水族館は、広島の瀬戸内海国立公園内にある水族館として瀬戸内海の自然と特色を広く伝えるための展示を中心とした施設です。世界遺産である厳島神社のすぐ近くで、別名「みやじマリン」とも言われています。

この水族館はリニューアルされて間もないのですが、入り口に向かうと一瞬「竜宮城かしら?」と思うほど景観に配慮された和風建築が見事な景観で優雅な気分になりそうです。

また、「いやし」と「ふれあい」をコンセプトに運営が成されていて、海の生きものをより身近に感じられる様参加・体験型のアトラクションが多いのもうれしいですね。

瀬戸内海を中心とした350種13,000点以上の海の生き物が!

この水族館で展示されている生きものは、本館の10のゾーンに分けられています。宮島らしく瀬戸内海の神秘的な世界を堪能できる工夫がされ、海獣エリアではペンギンをはじめとする、トドやアザラシ、コツメカワウソなど愛らしい動物が皆さんをお出迎えしてくれます。

さらにライブプールでは、毎日アシカライブショーもイベントも人気です。この水族館ではスナメリも飼育展示されています。昔は瀬戸内海のどこにでも生息している身近な存在でしたが、今は希少生物になっています。

テッポウウオのパフォーマンスは必見です

テッポウウオはその名の通り、枝や葉にとまっている昆虫などを口から勢い良く飛ばし、水で撃ち落とすという驚く技を持っていますこの水族館ではテッポウウオの特性を観ることができるよう、シューティングパフォーマンスを毎日開催しています。

オリジナルグッズもおもしろい!

人気者のスナメリやコツメカワウソのオリジナルぬいぐるみをはじめ、飼育されている生きものたちをモチーフにしたグッズが勢ぞろい!

面白いのが地元広島カープとのコラボ商品「カープコラボTシャツ」。スナメリとカワウソの愛らしいデザインになっています。お土産や思い出に、ぜひ買いたいところですね。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
一般 1,400円 3,500円
小・中学生 700円 1,700円
幼児 400円 1,000円
4歳以下 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00 (入館は16:00まで)
休館 年中無休 ※臨時休館あり

公式ホームページ

みやじマリン 宮島水族館

関連記事

  1. 「福山大学マリンバイオセンター水族館」の楽しみ方ガイド

  2. 「マリホ水族館」の見どころ・楽しみ方