「天然ミュージアム 足摺海底館」の見どころ・楽しみ方

足摺海底館

海底の世界を気軽に楽しめる「天然ミュージアム」

「天然ミュージアム足摺海底館」は、日本で4番目の海中展望台として1972年の元旦にオープンしました。竜宮湾のサンゴや色鮮やかな熱帯魚たちを眺めることができる天然ミュージアムです。

天然の魚を眺めることができるミュージアム

足摺海底館

竜宮海域公園内の海にそびえ立つ、十字型の赤と白の建物で、「普段着のままで、自然の海を散歩できる」がコンセプトで、中国・四国地方では唯一の海中展望台施設となっています。

岸から約54mの連絡橋を渡った先に、赤い十字の展望室があります。展望室からは太平洋をはるか遠くまで見渡すことができ、絶景です。展望室から螺旋階段を降りた先にある部屋が、水面下7mの海中展望室になっています。直径10mのホールに小窓があり、海を泳ぐ魚達を間近に眺めることができますよ。

「水面下7mなんてなんとなく怖い・・・」と感じる方もいるかもしれませんが、小窓は45mmの厚さがある強化ガラスを2枚重ねてあるので、強度はバツグン。安心して海の中を見ることができます。

刻々と移り変わる海中の景色が魅力

足摺海底館

窓の外には、まるで竜宮城のような景色が広がっています。テーブルサンゴやシロサンゴのまわりには、色とりどりの熱帯魚やのんびりと泳ぐハリセンボン。季節によってはイワシやキビナゴといった回遊魚も見られるし、回遊魚を目当てにブリやイカがやってくることもあります。

竜串湾は透明度が安定しているので海中を泳ぐ魚の姿がよく見えます。普通の水族館とは違い、海の中の景色は刻々と変化していきます。心ゆくまで楽しんでくださいね。

レスト竜串で食事&お土産をどうぞ

「足摺海底館」併設の「レスト竜串」にはレストランとお土産売り場があります。レストランでは竜串湾の美しい景色を眺めながら食事をすることができます。イチオシは「ジョン万タタキ丼」。カツオのタタキを素揚げしてオリジナルの味噌ダレをかけているので、今までにない味わいが楽しめます。おすすめです。

お土産売り場は地域最大級の品ぞろえが自慢です。四万十川の海苔製品やオリジナルのイカ墨まんじゅう、ソウダガツオを使った足摺土産など豊富に揃っているので、お土産選びに最適ですよ。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常
大人 900円
小人(4歳 ~ 高校生) 450円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 4月 ~ 8月 8:30 ~ 17:00
9月 ~ 3月 9:00 ~ 17:00
休館 年中無休 ※荒天時臨時休業あり

公式ホームページ

足摺海底館

関連記事

  1. 桂浜水族館

    「桂浜水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 「四万十川学遊館 あきついお さかな館」の見どころ・楽しみ方

  3. 「足摺海洋館」の見どころ・楽しみ方