下関市「市立しものせき水族館 海響館」の見どころ・楽しみ方

しものせき 海響館

巨大クジラがお出迎え!下関観光に合わせてぜひ訪れたい

しものせき水族館 海響館(かいきょうかん)は、本州のもっとも西側、九州をすぐ目の前に臨む、関門海峡の突端部分の唐戸エリアにある水族館です。

展示は、「海のいのち・海といのち」というコンセプトの元、約550種、22,000点ほどの海の生き物を見ることができます。

関門海峡の海の中を再現し、海の底を散歩しているような気分になれるトンネル状の「関門海峡潮流水槽」や、世界のフグを100種類以上展示など、日本でも珍しい環境の関門海峡ならでは、そして山口ならではの展示に力を入れています。

圧巻!巨大クジラの骨格標本

見どころのひとつは、吹き抜け部分に展示されているシロナガスクジラの全身骨格標本です。日本でここだけ、世界でも数体しかないといわれている大変貴重な本物です。

ノルウェー王国のトロムソ大学博物館から貸与されているもので、体長は約26メートルあり、保存状態はお墨付きです。つりさげる形で展示されていて、頭の部分が下、尾の部分が上になっています。

吹き抜けなので、下から見上げるだけでなく、いろいろな角度から見ることが可能で、シロナガスクジラの大きさを間近で実感することができます。

ペンギン村へ行ってみよう!

もうひとつの見どころがペンギンの日本最大級の展示施設「ペンギン村」です。

5種類、約140羽のペンギンが飼育されており、ペンギンが棲む自然環境に忠実に近づけた亜南極ゾーンと、屋外の温帯ゾーンの2つのエリアがあり、水深が約6メートルある大きなプールで、自由自在に泳ぎ回るたくさんのペンギンたちの様子を楽しめます。

フグを観るならここがおすすめ!

この水族館では、常時約100種類のフグの仲間を観察することができます。下関と言えばフグ!という方もたくさんおられると思いますが、実は水族館で人気のある「マンボウ」もフグの1種なのです。

こんなにも多くのフグたちに出会えるのも、国内ではここだけ!ぜひ観ておきましょう。デートにもオススメの水族館です。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 市民 年間パスポート
大人(高校生以上) 2,000円 1,000円 4,000円
小・中学生 900円 450円 1,800円
幼児(3歳以上) 400円 200円 800円
3歳未満 無料 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:30 ~ 17:30 (入館は17:00まで)※季節によって変更あり
休館 年中無休

公式ホームページ

市立しものせき水族館 海響館

関連記事

  1. ミクロ

    「岩国市ミクロ生物館」の見どころ・楽しみ方

  2. 水族館_魚_生物

    海の生き物と遊べる!山口「なぎさ水族館」の割引クーポンはどこで入手できるの?