「美深町チョウザメ館」の見どころ・楽しみ方

水族館_チョウザメ

北海道でチョウザメ!森林公園内にチョウザメ専門施設

「美深チョウザメ館」は美深町の自然体験型森林公園「びふかアイランド」にあるチョウザメ専門の水族館です。教会のようなオシャレな建物で様々な種類のチョウザメを飼育展示しており、水族館というよりは美術館や郷土館といった趣を感じさせる施設で、ひと味違った感覚の中で生きものと出会える場所になっています。

美深町とチョウザメのつながり

そもそも、なぜ美深町にチョウザメの水族館があるのでしょうか?

美深町を流れる天塩川では、明治頃までチョウザメが遡上していたという記録があります。また、1983年には水産庁養殖研究所の飼育実験として、美深町の三日月湖で養殖事業が開始。1997年にチョウザメ館がオープンしたこともあり、現在では町の振興事業としてキャビアを収穫するためにチョウザメの養殖を行っているのです。

古代魚・チョウザメにこだわる水族館

チョウザメは2億年前からその姿がほとんど変わっていない古代魚で、「生きた化石」とも呼ばれている魚です。この施設では、オオチョウザメやシベリアチョウザメなど6種・約1,200匹ものチョウザメを飼育展示しています。水槽の中をたくさんのチョウザメが泳ぐ姿はとても迫力がありますね。

館内の飼育室では、チョウザメの水槽を大きさ別に分けています。「稚魚」→「幼魚」→「成魚」→「親魚」の順に、段々と成長していく様子を観察することができるのです。

また、チョウザメ以外に天塩川にすむ魚も展示しています。天塩川を模した水槽でイワナやヤマメ、ウグイなどの川魚が泳いでおり、身近な川の生態系について学ぶことができますよ。

チョウザメ料理も味わえます!

びふかアイランド内の「びふか温泉」では、なんとチョウザメ料理を食べることもできるんです!

チョウザメと言えば「キャビア」のイメージが強いかもしれません。しかし、チョウザメの身も「延命や精力旺盛に効果がある」と言われており、高タンパクでコラーゲンやDHA・EPAがたっぷりの健康に良い魚なんですよ。

体に良いだけではなく美味と言われているので、ぜひいただいてみましょう!

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金 通常
無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 下記以外 9:00 ~ 17:00
休館 月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始

公式ホームページ

美深町チョウザメ館

関連記事

  1. 「ノシャップ寒流水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 水族館_マリモ

    阿寒湖畔「マリモ展示観察センター」の見どころ・楽しみ方

  3. 旭山動物園

    「旭山動物園」の見どころ・楽しみ方

  4. サンピアザ

    「サンピアザ水族館」の見どころ・楽しみ方

  5. おたる水族館

    小樽市「おたる水族館」の見どころ・楽しみ方

  6. 北の大地の水族館

    「北の大地の水族館」の見どころ・楽しみ方