「登別マリンパークニクス」の見どころ・楽しみ方

登別マリンパークニクス

北国のお城で、海の生きものたちと出会える!

登別マリンパークニクスの中央に、デンマークのお城をモデルに建てられた「ニクス城」があります。実はこの中が水族館メインの展示館となっていて、さまざまな生きものたちが生活しています。城外ではイルカやアシカ、オットセイも暮らしていて、素敵なショーを披露してくれます。

登別マリンパークニクス

クリスタルタワーでは、南国の魚たちが待っています

お城エントランスホールにある、高さ8mの大水槽「クリスタルタワー」で泳いでいるのは、ナポレオンフィッシュをはじめとした暖かい海に暮らすお魚たちです。北国の北海道にいながら、色鮮やかに舞うお魚たちは、お城の玄関にふさわしい幻想的な光景をみせてくれます。

タッチプールやペンギン散歩で、生きものたちを間近で感じよう

子連れファミリーに嬉しいタッチプールでは、普段はふれる機会がないカブトガニやサメたちをふれることができますよ。またペンギンのお散歩も行われていて、生きものたちの息づかいが聞こえそうな近距離で楽しむことができるのも魅力の1つです。

金魚万華鏡の空間にいると、まるで気分はキンギョ…?!

おすすめは金魚万華鏡。金魚万華鏡とは人が入れる程の大きな万華鏡で、2017年に新しくできた水槽です。その空間に入ると、金魚の華麗な尾びれが舞う様子を、天井にも壁にも見ることができます。

この空間にいると、まるで自分の身体がキンギョになって泳いでいるような不思議な感覚になっていくかも知れません!

登別マリンパークニクス

ハ虫類と両生類が暮らす「陸族館」も人気です

ここでぜひ観ておきたいのは、体長4mを超える世界最大のヘビ「オオアナコンダ」です。実はオスよりもメスの方が大きくなるというのも、この生きものの不思議。スタッフ手作り解説板も読みながら館内を回ってみましょうね。

密猟・密輸のために絶滅のおそれがあるインドホシガメも観ておきたいところです。この水族館では環境の悪い中で密輸され弱っていたカメたちを引き取り、大切に飼育しています。

アクセス・住所・電話番号

登別マリンパークニクス ~ 登別温泉を運行を無料送迎バスが運行

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
おとな(中学生以上) 2,450円 6,500円
こども(4歳 ~ 小学生) 1,250円 3,250円
シニア(65歳以上) 2,450円 5,500円
乳幼児(3歳以下) 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 下記以外 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館 メンテナンス 4月9日(月) ~ 4月13日(金)

公式ホームページ

登別マリンパークニクス

関連記事

  1. オホーツクタワー

    「氷海展望塔オホーツクタワー」の見どころ・楽しみ方

  2. サンピアザ

    「サンピアザ水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 旭山動物園

    「旭山動物園」の見どころ・楽しみ方

  4. 水族館_お泊まり

    「市立室蘭水族館」の見どころ・楽しみ方

  5. おたる水族館

    小樽市「おたる水族館」の見どころ・楽しみ方

  6. 千歳水族館

    「サケのふるさと千歳水族館」の見どころ・楽しみ方