「北の大地の水族館」の見どころ・楽しみ方

北の大地の水族館

北海道の山の上にある、淡水魚専門の水族館

大雪山の麓、おんねゆ温泉にある「山の水族館(北の大地の水族館)」は1978年にオープンしました。その後2011年に一旦閉館し、移築工事を実施して2012年7月にリニューアルオープン。個性的な水槽がある新たな「山の水族館」として穴場的スポットです。こぢんまりとしていますが、今ではオホーツクの新名所として注目を集める人気の水族館となりました。

冬には凍る水槽?滝つぼの水槽・・・??

北の大地の水族館

この水族館の見どころは、「四季の水槽」です。実はここは、世界初「冬には凍る」水槽なのです!冬の間、凍った川の底でじっと春を待つ魚の姿を見ることができます。

また「滝つぼ水槽」も見応えがあります。こちらも日本初の試みで、滝つぼを下から眺めることができる水槽です。キラキラと輝く滝つぼと、力強く泳ぐオショロコマの姿は幻想的な美しさで、いつまでも見飽きることがありません。

迫力満点の「天然イトウ水槽」

北の大地の水族館

幻の魚イトウは、体長が最大2mにもなる大きな淡水魚です。しかし、体長が1mを超えるのには15年もかかります。「山の水族館」には40匹もの天然の大きなイトウが泳ぐ水槽があります。そのうち約20匹は1m超の大物で、これだけの数の大きなイトウを展示しているのは国内ではこの水族館だけ!

巨大な水槽を、大きなイトウの群れが悠然と泳ぐ姿は迫力満点です。

1mを超えるイトウは顔がいびつに崩れてきますが、ここのイトウは顔が美しいというウワサが。ぜひじっくり観察してみてくださいね。

温根湯で育った、世界の淡水魚たち

北の大地の水族館

アジアアロワナやピラルクなど、世界の淡水魚たちもこの水族館では飼育展示されています。実はここの淡水魚たちは、恩根湯(おんねゆ温泉)で育っているのです。冷泉と温泉をミックスさせて程よい水温に保たれた水槽ですくすく育った生きものたちに、ぜひ会ってみたいですね。

せっかくなので、水族館を楽しんだら淡水魚たちの健康維持にも一役買っている名泉にも、ゆったり浸かっていきましょう!

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
一般 670円 1,000円
中学生 440円 660円
小学生 300円 450円

営業時間・休館日

期間 時間
通常1 4月1日 ~ 10月31日 8:30 ~ 17:00
通常2 11月1日 ~ 3月31日 9:00 ~ 16:30
休館 4月8日~ 4月14日, 12月26日~ 1月1日

公式ホームページ

北の大地の水族館(山の水族館)

関連記事

  1. 水族館_お泊まり

    「市立室蘭水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 千歳水族館

    「サケのふるさと千歳水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 旭山動物園

    「旭山動物園」の見どころ・楽しみ方

  4. 豊平川さけ科学館

    「豊平川さけ科学館」の見どころ・楽しみ方

  5. おたる水族館

    小樽市「おたる水族館」の見どころ・楽しみ方

  6. 「ノシャップ寒流水族館」の見どころ・楽しみ方