「イヨボヤ会館」の見どころ・楽しみ方

イヨボヤ

日本初!新潟にある、サケに関する博物館

「イヨボヤ会館」は新潟県・村上市を流れる三面川の分流・種川の畔に位置する、サケの専門博物館です。地下1階を持つ三階建ての博物館で、たっぷり「サケ」の世界!ちなみに「イヨボヤ」とは、村上の方言で「サケ」のことを指すんです。

まるごとサケに関する博物館

この博物館では、隣接する種川に10箇所の観察窓を設置しています。産卵のために川を遡上してきたサケや、普段から川にすんでいるウグイ・アユ・トミヨなどの魚たちが自然の中で過ごすそのままの姿を観察することができます。

また、「サーモンシアター」では三面川とサケについての映像を上映。四季折々の三面川の景観と共に、人々とサケとの関わりについて紹介します。

施設内にはサケのミニふ化場が設置されています。三面川でのサケ事業についてパネルで紹介しており、10月~翌年1月ごろにかけてはサケの赤ちゃんがふ化する様子を実際に観ることができますよ。

更に、サケそのものだけではなく、サケ漁の漁法や漁具、人工ふ化事業、サケ料理などについても紹介しています。見ごたえがあるうえに、日本人には馴染の深いサケをもっともっと知ることができるので、勉強できた気分にもなれますよ!

お土産も豊富で迷ってしまうかも!

館内のショップではサケに関するグッズが勢ぞろい!「続さけのごっつお」はサケ料理の伝統的なレシピと現代風にアレンジしたレシピを収録したレシピ本。料理好きな人にオススメです。

グルメな人にぴったりなのが「鮭の酒びたし」。塩引き鮭を半年間干すことで旨味がギュッと凝縮しているので、酒の肴にもオススメですよ。

ハンドメイドのオリジナルストラップは「塩引きくん」と「みおもて遡(のぼる)さん」の2種類があります。どちらも貴重な古布を使って一つ一つ丁寧に仕上げた逸品なので、プレゼントにも良さそうですね。

サーモンパークでも遊ぼう

「イヨボヤ会館」がある「鮭公園(サーモンパーク)」は村上のシンボル的なスポットになっている公園です。公園を見渡すことができる東屋で、人工河川のせせらぎの音を聴きながらのんびりくつろぐことができますよ。

遊具や芝生広場など思いっきり遊べる場所もあるので、小さなお子さん連れの家族にもオススメです。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 4施設
セット券
大人 600円 1,000円
小中高校生 300円 500円
未就学児 無料 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 16:30 (入館は16:30まで)
休館日 12月28日 ~ 1月4日

公式ホームページ

イヨボヤ会館

関連記事

  1. 新潟市水族館「マリンピア日本海」の見どころ・楽しみ方

  2. 「寺泊水族博物館」の見どころ・楽しみ方

  3. 「尖閣湾揚島遊園 あげしま水族館」の見どころ・楽しみ方

  4. 「上越市立水族博物館うみがたり」の見どころ・楽しみ方