新潟市水族館「マリンピア日本海」の見どころ・楽しみ方

2013年リニューアル!日本海側最大級の水族館

新潟市にある新潟市水族館は「マリンピア日本海」の愛称で親しまれている水族館です。本州の日本海側のある水族館の中では最大規模の大きさを誇り、約450種・20,000点もの生き物を飼育・展示しています。

歴史を紐解いてみよう

「マリンピア日本海」の前身にあたる「新潟市立新潟水族館」の開館はなんと昭和42年。新潟地震からの復興と新潟港開港100週年を記念して、新潟博会場の跡地に開館しました。

その後、施設の老朽化などの理由により平成2年に現在の場所に移転し、リニューアルオープン。現在の名称&愛称である「新潟市水族館 マリンピア日本海」という名になりました。

更に2012年に一旦営業終了、2013年にリニューアルオープンをしています。長きに渡って愛されてきた水族館だということがわかりますね。

イルカショーが人気!

多くの水族館で行われているイルカショーですが、「マリンピア日本海」のイルカショーは解説の丁寧さに定評があります。

トレーナーがイルカのパフォーマンスに合わせて、わかり易く丁寧な解説をしてくれるので、見どころを逃すことがありません。イルカの鳴き声の解説や鼻についての解説などがあるのもユニークですね。なお、ショーは通年毎日開催しているのでいつ行っても楽しむことができますよ。

ショーの中では、ステージ参加のチャンスもあり!最大5名のお客さんが、イルカの体にふれたり、パフォーマンスの合図を出したりしてイルカを間近で見ることができちゃいます。なかなかできない体験なので、一度は参加してみたいですね。

イチオシの「日本海大水槽」

「マリンピア日本海」でイルカショーと並んで人気なのが、日本海を模した大水槽です。その名の通り、日本海にすむ魚たち約40種を展示する大きな水槽で、マイワシやハガツオ、アジ、エイなどが泳ぎ回る姿に出会えます。

この日本海大水槽の下はマリントンネルになっているので、海中を散歩している気分で楽しめるのも魅力ですよ。

この水槽では飼育スタッフによる解説も行っています。展示生物の解説の他、波を起こす仕組みや水質の管理についてもわかりやすく説明してくれます。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人(高校生以上) 1,500円 3,500円
小人(小・中学生) 600円 1,300円
幼児(4歳以上) 200円 400円
乳児(3歳以下) 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常営業 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館日 12月29日 ~ 1月1日, 3月の第1木曜日とその翌日

公式ホームページ

新潟市水族館マリンピア日本海

関連記事

  1. 「上越市立水族博物館うみがたり」の見どころ・楽しみ方

  2. 「尖閣湾揚島遊園 あげしま水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. イヨボヤ

    「イヨボヤ会館」の見どころ・楽しみ方

  4. 「寺泊水族博物館」の見どころ・楽しみ方