「魚津水族館」の見どころ・楽しみ方

魚津水族館

100年の歴史がある日本最古の水族館

富山県の魚津市にある「魚津水族館」は、日本に現存する中では最も古い水族館です。開業当時は日本で5本の指に入る有名な水族館でした。平成25年には創設100周年記念のリニューアルも行われ、より「富山らしさ」にこだわった展示の水族館に進化しています。

その歴史をみてみよう

初代の「魚津水族館」は、大正2年に日本海側では初の水族館として開館しました。当時は汽車窓風の水槽に、イシダイやメバルなど地元の魚を展示していたようです。

その後財政難などを理由に昭和19年に閉館。しかし、昭和29年に富山産業大博覧会の魚津会場に二代目が建設されたのです。富山県唯一の水族館として人気を博しましたが、老朽化を理由に昭和55年に閉館。

三代目は、昭和56年に日本海側最大級の水族館としてオープンしました。

「富山」にこだわった展示構成

この水族館の一番の見所は、富山が有する高低差3,000mの環境を模した展示構成です。北アルプスの源流を再現した「富山の河川」ではワサビやユキノシタを配置することで自然を表現。富山を流れる河川にすむ淡水魚のうち、20種類以上を展示しています。

続いては「田んぼの生物」の展示です。今では希少な生き物となってしまったキタノメダカやマルタニシなどを紹介しています。

更に高度が下がった「海岸の生物」では、マンション水槽と磯の水槽で小さな魚やヤドカリを展示。海は「富山湾大水槽」のブリやマダイといった大型の魚の展示に続き、最後は1,000m近い海の底の「深海生物」の展示です。

高い山から深い海の底まで、多種多様な生き物と、その生き物がすむ環境についてじっくり見比べてみてくださいね。

小さなお子さんが楽しめるコーナーもいっぱい!

「魚津水族館」では、小さなお子さんが遊べるコーナーもたくさん用意されています。「キッズコーナー」では低めの水槽で色々な魚や貝を見たり、海の生き物との背比べをしたりして楽しめます。

「うおすいファミリウム」は、その名の通り親子で楽しめるコーナーです。

飼育員が考案したユニークな水槽や企画、塗り絵、英語の絵本、ぬいぐるみなどがあるので時間を忘れて夢中になってしまいそうですね。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート 回数券
(11枚つづり)
一般(高校生以上) 750円 2,060円 7,500円
小・中学生 410円 1,030円 4,100円
幼児(3歳以上) 100円 260円 1,000円
魚津市内の中学生以下 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館 12月1日 ~ 3月15日までの月曜日(祝日の場合は翌平日), 12月29日 ~ 1月1日

公式ホームページ

魚津水族館

関連記事

  1. ほたるいかミュージアム

    「ほたるいかミュージアム」の見どころ・楽しみ方