「姫路市立水族館」の見どころ・楽しみ方

地元密着型・身近な生き物を「楽しめる」水族館

世界遺産である姫路城から少し山手へ進んだところに、姫路市民に大切にされている水族館があります。大型水槽や華やかなショータイムはありませんが、飼育スタッフの工夫を凝らした「生き物たちを楽しむ仕掛け」が満載です。

身近な生き物の大切さや面白さを実感できる水族館からは、もちろん姫路城の姿もしっかり見学できるのでお城とセットでぜひ行きたい水族館です。

播磨海に棲むいきものたちが勢ぞろい

播磨海の恵みを受けて育まれる海や里山のいきものが多く展示されていて、環境学習の一環として学校教育にも最適な場となっています。

面白いのが、この地域の風物詩でもある「イカナゴ」の展示。お土産として売っているのは見るけれど、生きている姿が観られる水族館は多くありません。餌を食べる様子も観察できる貴重な水族館なので、ぜひ観察したいスポットですね。

カメの甲羅を背負うことができる!

ウミガメを中心として多くのカメ類研究の歴史があるこの水族館では、カメについての理解を深めることができる仕掛けが充実しています。

単に観て・触るだけではなく、ホンモノのカメの甲羅を背負って感じることができますよ!人気者のケヅケリクガメやウミガメたちへの餌やりタイムで飼育スタッフの解説もあるので、カメについてちょっと詳しくなれる水族館です!

屋上の「じゃぶじゃぶ小川」で魚たちと遊ぶ

この水族館の人気の1つは、屋上にあるじゃぶじゃぶ小川です。小さな川が作られおり、中に入って放されているお魚たちを触ってみることもできるので、子供たちには大人気です。

ビオトープではお花にも癒される

屋上のじゃぶじゃぶ小川横には、里山をイメージしたビオトープがあります。水生生物はもちろんですが、ここに咲く花たちも四季折々素敵な姿を見せてくれています。

ヒガンバナはどんどん成長して数百本にまで増えているので、秋は真っ赤な姿を楽しめそうですね。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常
大人 510円
小・中学生 200円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館 火曜日(祝日の場合は翌日), 12月29日 ~ 1月1日

公式ホームページ

姫路市立水族館

関連記事

  1. 「さかなの館 アクア東条」の見どころ・楽しみ方

  2. 城崎マリンワールド

    「城崎マリンワールド」の見どころ・楽しみ方

  3. 須磨海浜水族園

    「須磨海浜水族園」の見どころ・楽しみ方