「京都水族館」の見どころ・楽しみ方

京都水族館

京都駅から近い!京都から世界まで多くの生き物に会える

1年中、国内外から多くの観光客が訪れる京都の中心部にある水族館です。京都駅から近く、アクセスには申し分なし!水族館の近くを歩くと、ショー真最中のイルカがジャンプしているのが見えてしまいそうなほどコンパクトな造りの水族館ですが、そこで生活する生き物たちの種数と展示の面白さには大満足できると人気です。

館内の12エリアには「エデュテイメント」な世界が広がる

この水族館のコンセプトには「エデュテイメント」という言葉が掲げられていて、エデュケーション(学習)+エンターテイメント(楽しさ)の融合を目指しています。

イルカやアシカ、ペンギンのショーあり、京都にしかいない生き物の展示あり、またクラゲやカニ、エビなど身近なようであまり知らない生き物ありと、まさに「楽しい発見があって、タメになる」水族館です。ガイドや体験プログラムにもひと工夫がされているので、観るだけではなくぜひ参加できるイベントを事前にチェックしておきたいところですね。

生き物に大接近できる、「一緒にハイポーズ」!

体験プログラムの1つである、一緒に写真撮影できる「一緒にハイポーズ」では、イルカやアシカたちと記念撮影ができるんです。飼育スタッフによって調教されたイルカやアシカの真横に立って、普段はできないツーショットを撮ってみましょう!

イルカって哺乳類だけど、目にはまつ毛はあるのでしょうか?アシカの呼吸スピードは人間と同じかな?ガラス越しではない「生きる姿」を感じてみたい方にはおすすめです。

京都に昔から棲んでいるオオサンショウウオの秘密にせまる

京都は鴨川や由良川などの多くの水系と豊かな里山、そして日本海を持ち、近くに琵琶湖を持つという「水と共に生きてきた土地」です。

水がきれいな場所にしか棲まないと言われているオオサンショウウオも、京都に生息しています。京都水族館では「京の川」エリアにオオサンショウウオを大水槽で展示し、絶滅を回避するために保護研究にも力を入れています。

オオサンショウウオを観るときは、つぶらな瞳を探してみましょう。こちら側は見えているのかナゾ多き生き物です。飼育スタッフの方たちを見かけたら質問するのも良いですね。きっとたくさんの秘密を語ってくれますよ!

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人 2,050円 4,100円
大学・高校生 1,550円 3,100円
中・小学生 1,000円 2,000円
幼児(3歳以上) 600円 1,200円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 10:00~18:00(入館は17:00まで)
休館 年中無休

公式ホームページ

京都水族館

関連記事

  1. 「関西電力 魚っ知館」の見どころ・楽しみ方