大阪「NIFREL(ニフレル)」の料金・営業時間・アクセス・見どころ

大阪の万博公園内にある水族館ニフレルは、今までにない新しい形の水族館です。放し飼いの空間で、息遣いまで聞こえてきそうな動物たちに囲まれたり、まるで大切な宝物を扱うかのような斬新な展示水槽。心ときめく瞬間の連続に包まれるでしょう。

7つの「ふれる」にまつわるコンセプトに合わせて、7ゾーンあるニフレルの館内は、全体的にとても明るく、彩り鮮やかな水族館です。オリジナルデザインのお土産も、ぜひ楽しみたいところですね。

観ていくうちに「魅せられる」新しい水族館

大阪の万博公園内にある水族館ニフレルは、今までにない新しい形の水族館です。 放し飼いの空間で、息遣いまで聞こえてきそうな動物たちに囲まれたり、まるで大切な宝物を扱うかのような斬新な展示水槽。 心ときめく瞬間の連続に包まれるでしょう。 水族館_魚_生物

7つの「ふれる」が待っている

「ふれる」にまつわるコンセプトに合わせて、7ゾーンあるニフレルの館内は、全体的にとても明るく、彩り鮮やかな水族館です。 1・2階を進むにつれて変化するゾーンを歩いていると、館内照明や解説板、水槽ライティングだけでも楽しくなってきて、ショーケースの上にいるような不思議な感覚にも。 ニフレルは水族館ですが、水生生物だけではなくホワイトタイガーやアナホリフクロウなど、さまざまな哺乳類や鳥類も生活しています。生き物、水と光、そして彼らの息遣いを感じながら、1頭・1匹の形や動きをじっくり観察できます。 水族館_魚_生物

「うごきにふれるゾーン」で、動物たちの接近を待ってみる

7つのゾーンの1つである「うごきにふれるゾーン」では、ワオキツネザルやアナホリフクロウたちが空間を自由に動き回っています! 彼らの生活場に、ちょっとお邪魔したような感覚でゆっくりそっと歩いていくと、時々動物たちの方から大接近してくれますよ! また、ペンギンたちも同じ目線の高さで展示されているので、鋭いクチバシも細かいところまで観察できます。カワウソとビーバーってどこがどう違うの?と普段なかなか見分けにくいところも、ここではどちらの動物もじっくり観ることができるので新しい発見も盛りだくさんですね。

オリジナルデザインのお土産も、ぜひ楽しもう

スーベニアショップ「ニフレル×ニフレル」は、オリジナル商品も盛りだくさん。いつも多くのお客様でいっぱいです。 チェックしたいのは文房具。子供向けのかわいいキャラクターものから、オフィスでも使えそうなシンプルだけど動物好きを満足させてくれるデザインのものまで、充実した品ぞろえです。 実はこのショップ、入館しなくても利用できるのでとても便利です。気に入った商品だけ買いにくることもできますよ。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人(16歳以上) 1,900円 6,800円
子供(小・中学生) 1,000円 3,500円
幼児(3歳以上) 600円 2,100円

営業時間・休館日

時間
10:00 ~ 20:00 (入館は19:00まで)
休館 年中無休 ※年1回臨時休業あり

公式ホームページ

生きているミュージアム ニフレル

よくある質問

授乳室はありますか?

館内に2カ所

コインロッカーはありますか?

館内に1カ所

ベビーカーのレンタルはありますか?

×(ベビーカー入場可)

車椅子のレンタルはありますか?

100円(EXPOCITY内で貸出。返却時に返金。)