「エビとカニの水族館」の見どころ・楽しみ方

エビとカニが150種類以上観察できる水族館

「すさみ町立エビとカニの水族館」は、カニやエビ約150種類害飼育展示されています。中には研究室も併設されており、まだ生態が知られていない不思議な形のカニやエビを研究しており、そちらも一般公開されています。

2015年に高速道路下り口の「道の駅すさみ」に移転しリニューアルオープンしており、海の環境学習館も併設されています。

薄暗い入口からエビとカニの世界が広がる

入口からは水槽が並んだ通路があり、少し薄暗い神秘的な空間の中に色々なエビやカニが展示されております。通路を抜けたところにホールのような場所があり、そこにカニ釣りコーナーと研究室のような場所があり、またエビやカニの展示している通路を通って入口に戻るようになっています。

大きくて、しっかり観察しないと動く瞬間もわからないほどじっとしているカニがいたり、とても模様のきれいなエビも展示されているのでぜひ、お気に入りを見つけて楽しんでみましょう。

カニ釣りやふれあいも体験できる

この水族館の中には無料のカニ釣りコーナーがあり、竿でカニを釣って遊べるようになっております。カニといっても、とっても小さなヤドカリを竿で釣るのですが、ヤドカリ小さくて動きを観察していても愛らしく、小さな子どもたちも楽しく遊べるようになっています。エサもつけないまままで釣ることができるため、大人が手伝ってあげなくても簡単に釣れるようになっています。

また、ウニやヒトデ、ナマコをさわってみることができるタッチングプールも人気です。

ウミガメやサメもいます

カニとエビだけではありません!実はアオウミガメや近海の魚、またサメも飼育しています。餌を購入して与えてみることもできますよ!ウツボやダイオウグソクムシも展示されているので、ぜひチェックしましょう。

巡回水族館や、移動水族館も実施中!

山間部や遠隔地などさまざまな理由で水族館へ行けない子どもたちのために行っている「巡回水族館」や、イベントホールなどのスペースを貸し切って水族館を展開する「移動水族館」も行っています。

巡回水族館では、イセエビやヤドカリ、ウミガメなどが学校などを訪問します!ふれあい体験もできるので、子どもたちには大人気です。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 町民 年間パスポート
大人 800円 400円 2,000円
小・中学生 500円 250円 1,000円
幼児(3歳以上) 300円 150円 500円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館 年中無休

公式ホームページ

すさみ町エビとカニの水族館

関連記事

  1. 串本海中

    「串本海中公園」の見どころ・楽しみ方

  2. 「和歌山県立自然博物館」の見どころ・楽しみ方

  3. アドベンチャーワールド

    「アドベンチャーワールド」の見どころ・楽しみ方

  4. 「白浜海中展望塔」の見どころ・楽しみ方

  5. 「京都大学白浜水族館」の見どころ・楽しみ方

  6. 「太地町立くじらの博物館」の見どころ・楽しみ方