「串本海中公園」の見どころ・楽しみ方

串本海中

美しい串本の海を、まるごと体感できる

「串本海中公園」は日本で初めて海中公園(現在は海域公園)に指定された施設で、水族館と海中展望塔の両方が楽しめます。年中無休で開館しており、体験プログラムも豊富な施設です。

本州なのに、カラフルな海中の風景が広がっている

和歌山県の串本町は温帯気候ですが、串本町が面する海は黒潮の影響で熱帯・亜熱帯のサンゴや熱帯魚の世界が広がります。そんなカラフルな串本の海を、まるごと楽しめるのがこの水族館なのです。

水族館では美しい串本の海をリアルに再現しており、約500種・5000点もの串本の海にすむ生きものを展示。串本の美しい海から汲み上げた澄んだ水の中で魚たちが生き生きと泳ぐ姿をたっぷり観察することができますよ。

「ウミガメパーク」と「水中トンネル」がオススメ

オススメが「ウミガメパーク」。100kgを超える大きなウミガメから水族館生まれの小さな赤ちゃんウミガメまで、たくさんのウミガメに会うことができます。

とても愛らしい赤ちゃんウミガメとのふれあいができるのも魅力的。赤ちゃんウミガメのタッチングは毎日開催しているので、いつ行っても体験できるのが嬉しいですね。カメのエサやり体験も毎日開催しています。

もう一つのオススメが「水中トンネル」です。1250トンの大きな水槽に長さ24mの水中トンネルがあり、魚たちが泳ぎ回る様子を臨場感たっぷりに眺めることができます。頭の上を大型のエイやクロマグロが通り過ぎていく様は迫力満点ですよ。実はこのクロマグロにエサをあげる体験イベントも実施しています。限定イベントなのでホームページで詳細をチェックしておきましょう!

世界最北限のサンゴ群落

海中展望塔では、沖合140m、水深6.3mから串本の海を楽しむことができます。

串本の海は本州最南端に位置し、温暖な黒潮が接近することもあってサンゴの海を熱帯魚が泳ぐ南の海の様子を見ることができるのです。世界最北限かつ本州最大のテーブルサンゴ(クシハダミドリイシ)の群落やカラフルなクマノミやチョウチョウウオなど、見どころがいっぱい。

季節や時間帯によって魚の種類や数は違ってきますが、これまでに全部で270種類の魚が観察されたそうです。水温の低い日でも20種類、秋の多い時では1回の観察で70種類以上もの魚を観察できたこともあるそうです!

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 水族館・海中展望塔 乗船セット券 年間パスポート
大人 1,500円 1,800円 2,600円 3,800円
小・中学生 700円 800円 1,400円 1,800円
幼児(3歳以上) 200円 200円 200円 500円
65歳以上 1,600円 1,600円 1,600円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 16:30 (入園は16:00まで)
延長 夏休み, GW, 年末年始, 5月 ~ 10月の連休等 公式サイトをご確認下さい
休園 年中無休

公式ホームページ

串本海中公園

関連記事

  1. 「京都大学白浜水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 「白浜海中展望塔」の見どころ・楽しみ方

  3. 「エビとカニの水族館」の見どころ・楽しみ方

  4. 「太地町立くじらの博物館」の見どころ・楽しみ方

  5. 「和歌山県立自然博物館」の見どころ・楽しみ方

  6. アドベンチャーワールド

    「アドベンチャーワールド」の見どころ・楽しみ方