「白浜海中展望塔」の見どころ・楽しみ方

風情たっぷりの自然の中にある水族館

白浜海中展望塔は、白浜の海を優雅に泳ぐ魚たちを観察できる施設です。展望塔は18mあり、上がると太平洋が一望できます。そこに広がるコバルトブルーに感動さえ覚えてしまいます。この展望塔は別名「コーラルプリンセス」とも呼ばれ、地元の人々にも愛されています。隣にはリニューアルされたホテルもあり、レストランやカフェ、ベーカリーがあります。

水深8mの白浜の海中を眺めてみよう

海中をのぞけるように12の窓が設置されている海中塔。昔の人が一生懸命考えて作った水族館という気持ちが伝わるレトロ感たっぷりの施設です。

ここからは白浜の生きものたちを眺めることができます。クロダイやカサゴをはじめ約30種類の魚たちに出会えることができ、熱帯魚の鮮やかな色を目にするときもありますよ。下へは階段を歩いて降りていきます。海中へ潜っていく感覚にも近いかもしれませんね。

季節や時間で大きく変わります

普通の水族館のように、魚たちを飼育しているところではありません。見える魚はすべて野生の生き物ものたち。そのため、ここを訪れる季節や時間、潮の状態によって魚がまったく見えないこともあれば、魚どころか濁っている海水だけのときもあります。ここを利用するときは「野生の状態を観に行くこと」を頭に入れて行きましょう!

ラッキーなら、ルリスズメダイ(コバルトスズメ)という、真っ青な身体をしているお魚にも出会えることができます。この魚は熱帯魚の仲間でダイビングでは良く見つけることができますが、こうして海中の窓からのぞいて見つかることもあります。

近くのホテルもリニューアル

ホテルシーモアがこの施設を管理していますが、ホテルがリニューアルされました。海中展望塔を訪れたら、新しくなったホテル内で温泉や食事を楽しむのも良いですね。

プールやバー、アロマケアのできる施設なども完備されているので、家族連れでも楽しむことができます。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常
大人 800円
小人(3歳以上) 500円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 16:00
休館 年中無休

公式ホームページ

白浜海中展望塔

関連記事

  1. 「太地町立くじらの博物館」の見どころ・楽しみ方

  2. 「エビとカニの水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 「和歌山県立自然博物館」の見どころ・楽しみ方

  4. 串本海中

    「串本海中公園」の見どころ・楽しみ方

  5. アドベンチャーワールド

    「アドベンチャーワールド」の見どころ・楽しみ方

  6. 「京都大学白浜水族館」の見どころ・楽しみ方