「アクアワールド大洗水族館」の見どころ・楽しみ方

アクアワールド大洗

サメがシンボルになっている、海の総合ミュージアム

「アクアワールド大洗水族館」は茨城県の太平洋に面した場所にあり、日本ではトップクラスの規模を誇る大きな水族館です。
前身の「大洗水族館」から大幅リニューアルを行い、博物館や科学館的な要素を取り入れた海の総合ミュージアム「アクアワールド」として、2002年にオープン。館内は9つのゾーンに分かれており、それぞれに特徴的な展示になっています。

ダイナミックなショーが見ものの「オーシャンゾーン」や茨城の川を再現した「森と川のゾーン」、遊具や生き物とのふれあいが楽しめる「キッズコーナー」など。どのゾーンも魅力たっぷりで見飽きません。

たくさんのサメの種類にびっくり!

この水族館のシンボルマークにもなっているサメは、なんと50種類以上も飼育されています。これほどの種類のサメを一度に観ることができるのは、日本ではここだけ!

人気のイベント「水族館探検ツアー」に参加すれば、サメたちを水槽の上から見ることもできます。ガラス越しではない、直接観察するサメの姿は迫力満点ですよ。ツアーは1日3回開催されているので、要チェックです。

日本一の大きさ「マンボウ専用水槽」

マンボウ専用の大水槽は、この水族館の見どころの1つです。その水量は270tもあり、マンボウ専用の水槽としては国内最大の大きさを誇っています。ここで現在6尾のマンボウがゆうゆうと泳いでいます。

マンボウは体表が傷つきやすくデリケートな魚なので、大きな水槽での複数飼育はとても難しいと言われています。しかしこの水族館では、ビニール製の衝突防止フェンスを設置したりエサを工夫したりすることで、複数飼育を可能にしました。

大きな水槽でしか観ることのできないマンボウの動きや、マンボウたちの関わり方などは、他では観察できない魅力です。また、全長3mもあるウシマンボウの剥製も必見ですよ!

水族館の生きものたちへ絵手紙を書こう!

この水族館では、飼育されている生きものたちへの絵手紙を募集しています。毎月入選された方には、入場券がプレゼントされるそうですよ!

入選作品はホームページに掲載されていて、素敵な作品ばかりです。この絵手紙を見ながらお気に入りの生きものを選んで、水族館へ会いに行くのも面白そうですね。

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金 通常 前売り 年間パスポート
大人 1,850円 1,670円 4,110円
小・中学生 930円(毎週土曜460円・除外期間あり) 830円 2,060円
幼児(3歳以上) 400円(毎週土曜150円・除外期間あり) 280円 720円
2歳以下 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00 (入館は16:00まで)
休館 お問い合わせください

公式ホームページ

アクアワールド大洗


関連記事

  1. 茨城「かすみがうら市水族館」の割引クーポンはどこで入手できる?お土産も!

  2. ハンザケ

    「山方淡水魚館」の見どころ・楽しみ方

  3. 辰ノ口親水公園 ふるさと館

    「辰ノ口親水公園 ふるさと館」の見どころ・楽しみ方

  4. 「土浦市 霞ヶ浦総合公園ネイチャーセンター」の見どころ・楽しみ方