「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」の見どころ・楽しみ方

アクアリウムさがみはら

相模川の生きものたちを、たっぷり楽しめる水族館

「相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら」は、神奈川県を流れる相模川の生きものたちを中心に飼育展示している水族館です。1987年にオープンしましたが、環境保護をはじめ、自然について人と人が情報共有や交流ができる拠点としての役割を加えて2014年にリニューアルオープンしました。

相模川をもっと深く知ることができる

この水族館では、相模川の淡水魚をメインに約100種4000点以上の生きものが飼育展示されています。エントランスを入ると、アユが悠々と泳ぐ美しい姿が出迎えてくれます。

地元に生息するカエルたちや水生生物も豊富で、「こんなに身近に生きものが生活していたんだ!」と、改めて気づかされる、そんな展示になっています。また、神奈川県で野生下ではもう絶滅してしまったミヤコタナゴも展示されていて、環境破壊によって失われている命があることも伝えてくれています。

相模川の水を引いてきた遊び場も人気です

施設の外も大変人気のスポットで、相模川から引いている水遊び場が広がっています。水深も浅いので、歩き始めのお子さんから、まだハイハイのお子さんまで、水遊びが楽しめます。子連れファミリーにはうれしいですね。

水車小屋があったり、水が出るポンプがあったり、ちょっとした遊具も人気です。無料のシャワーがあるので、水遊びが終わった後も安心な、嬉しい施設です。

CGも駆使された展示や、タッチングプールもあります

リニューアルしてからは、自分で色を塗った生きものたちが、巨大画面の中を泳いでくれるCGエリアもできました。外のタッチングプールでは、ザリガニにふれることができたり、淡水魚のフナなどに餌をあげることもできます。餌に群がって来るフナの様子は必見です。

こちらにも手洗い場がしっかり設けてありますし、ベビーカーでも移動できるようにスロープも設置されているので安心です。

季節ごとに行われる限定イベントも面白い

水族館ではありますが、ゾウガメ、カピバラなどの哺乳類や、沖縄の魚たちの展示が行われたり、珍しい生きものの写真展が開かれたりしています。1~2か月ごとにテーマが変わるので、ホームページでチェックしてから行くと良いですね。デートにもおすすめですよ。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人(高校生以上) 390円 1,170円
小人(小・中学生) 130円 390円
65歳以上 190円 570円
幼児(未就学児) 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:30 ~ 16:30
休館 月曜日(祝日の場合は開館し、振替休館なし)※長期休暇期間は毎日開館

公式ホームページ

相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら

関連記事

  1. 油壺

    「京急油壺マリンパーク」の見どころ・楽しみ方

  2. 八景島シーパラダイス

    「八景島シーパラダイス アクアリゾーツ」の見どころ・楽しみ方

  3. 琵琶湖博物館

    「琵琶湖博物館」の見どころ・楽しみ方

  4. ヨコハマ

    「ヨコハマおもしろ水族館 赤ちゃん水族館」の見どころ・楽しみ方

  5. 標津サーモン

    「標津サーモン科学館」の見どころ・楽しみ方

  6. 新江ノ島水族館

    「新江ノ島水族館」の見どころ・楽しみ方