「八景島シーパラダイス アクアリゾーツ」の見どころ・楽しみ方

八景島シーパラダイス

アトラクションを楽しみながら、自然環境の勉強もできるテーマパーク

八景島シーパラダイスは海で生きる約700種・12万点の生きものが生活する、日本最大級の水族館です。海獣たちによる大迫力のショーが行われるアクアミュージアムをはじめ、ドルフィンファンタジー、うみファーム、ふれあいラグーンの4つのゾーンにわかれています。

アーチ型の水槽にイルカたちが舞い泳ぐ姿にうっとり

ドルフィンファンタジーにあるアーチ水槽は、まさに海底散歩をしているようです。天気の良い日には、水槽の上から降り注ぐ光で、水槽で泳ぐバンドウイルカがさらに映えて鑑賞することができます。

バンドウイルカたちと共に、デバスズメダイやタカベなどの魚たちも一緒に泳ぎ、南の暖かな海の雰囲気をたっぷり味わうことができますよ。

うみファームで海を、そして、いのちを学ぶ

うみファームと名付けられたゾーンでは、「海育」というテーマで海の環境を身近に感じながら、自然環境の大切さを学ぶことができる施設になっています。

「食べる」というテーマにおいては、自分で魚を獲り、料理をし、食べることができます。魚を獲るということは楽しいのですが、自分で料理をし、魚を食べることを通じて、生命の尊さを学ぶことができます。

八景島シーパラダイスにおいても力を入れている施設の1つで、水族館スタッフによる解説は海獣や魚の話だけではなく、海藻やプランクトンまで及びます。実際に海藻やプランクトンを観察し、知識を深めるイベントもあります。

ふれあいラグーンで、命のあたたかさと大切さを体感しよう

このゾーンでは、バンドウイルカやシロイルカ、コツメカワウソなど、普段はふれあうことのできない動物たちとの大接近を体感できます。注目したいのはシロイルカのおでこを触ってみるプログラム。他の種類のイルカよりもシロイルカのおでこは柔らかいと言われています。

いったいどんな感触なのでしょうか?そして、なぜ柔らかいのかな?プログラムを通して、シロイルカの奥深い生態のナゾについても、発見ができそうですね。

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金 ワンデーパス 楽園ナイトパス アクアリゾーツパス アクアリゾーツパス&アクアシアター
大人・高校生 5,050円 3,300円 3,000円 3,200円
小・中学生 3,600円 2,200円 1,750円 1,950円
幼児(4歳以上) 2,050円 1,600円 850円 1,050円
シニア(65歳以上) 3,600円 2,200円 2,450円 2,650円

営業時間・休館日

期間 時間
通常営業1 平日 10:00 ~ 20:00 (入館は20:00まで)
通常営業2 土・日・祝日, 春・夏・冬休み 9:00 ~ 21:00 (入館は21:00まで)
休館日 年中無休

公式ホームページ

八景島シーパラダイス アクアリゾーツ

関連記事

  1. 「観音崎自然博物館」の見どころ・楽しみ方

  2. 新江ノ島水族館

    「新江ノ島水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 箱根園水族館

    「箱根園水族館」の見どころ・楽しみ方

  4. アクアリウムさがみはら

    「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」の見どころ・楽しみ方

  5. 「間門小学校 付属海水水族館」の見どころ・楽しみ方

  6. 油壺

    「京急油壺マリンパーク」の見どころ・楽しみ方