「ヨコハマおもしろ水族館 赤ちゃん水族館」の見どころ・楽しみ方

ヨコハマ

横浜の中華街の中に、海の世界が!ユニークな水族館で観て・学ぼう

ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館は、横浜市中区の中華街にある水族館で、コンパクトながら400種10,000匹の生きものを観ることができる水族館です。

館名のとおり、「おもしろい」水族館、「赤ちゃん水族館」として、それぞれ小学校・幼稚園をモチーフにしているのが特徴で、ひと味違った水族館体験ができます。

まるで小学校のような環境で、魚たちが過ごしています

「おもしろ水族館」は下駄箱水槽のウェルカムゾーンに始まり、校長室や音楽室などがあり、まさに小学校といったユニークな造りになっています。

そして「実験ゾーン」や「擬態ゾーン」、「飼育員のイチオシゾーン」、「恐ろしい生物ゾーン」など、テーマごとに趣向を凝らした多彩な展示が楽しめます。そんな水槽には、三択クイズが掲げてあるのもオススメ。1つひとつ、とっても面白くてタメになる知識が得られるクイズなので、ぜひトライしてみてくださいね。

絵本棚やお道具箱の中に・・・!

一方の「赤ちゃん水族館」は、絵本棚やお道具箱の中に水槽が配置されています。「赤ちゃん」の名の通り、ここにいるのはお魚の卵や赤ちゃん。生き物が生まれて育っていく様子を学べます。「赤ちゃん水族館」は土足厳禁なので、ハイハイやつかまり立ちの赤ちゃんでも安心して魚を見ることができますよ。ジャングルジムとすべり台で遊べるので、小さな子どもたちも大喜び!

またこの水族館の監修も務めた、さかなクン直筆のかわいいイラスト入りの解説は必見!難しい言葉を使わない、分かりやすい解説で子どもでも楽しく学べます。

真っ白で珍しい、あの生きものも待っている

この水族館には、貴重なアルビノのオオグソクムシ「しろまる」も飼育されています。普通のオオグソクムシは茶色の体に黒い目ですが、アルビノのオオグソクムシは真っ白の体に象牙色の目をしています。「しろまる」は深海生物ゾーンでお出迎えしてくれますよ。


アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 前売り
大人(中学生以上) 1,400円 1,200円
小人(4歳以上) 700円 600円
シルバー割引(65歳以上) 1,000円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 2018年3月31日までの平日 11:00 ~ 20:00 (入館は19:30まで)
2018年4月1日からの平日 10:00 ~ 18:00 (入館は17:30まで)
休日 土日祝日, 春休み, GW, 夏休み, 冬休み期間 10:00 ~ 20:00 (入館は19:30まで)
休館 年中無休

公式ホームページ

ヨコハマおもしろ水族館 赤ちゃん水族館

関連記事

  1. 新江ノ島水族館

    「新江ノ島水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 箱根園水族館

    「箱根園水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 八景島シーパラダイス

    「八景島シーパラダイス アクアリゾーツ」の見どころ・楽しみ方

  4. アクアリウムさがみはら

    「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」の見どころ・楽しみ方

  5. 油壺

    「京急油壺マリンパーク」の見どころ・楽しみ方

  6. 「観音崎自然博物館」の見どころ・楽しみ方