「サンシャイン水族館」の見どころ・楽しみ方

サンシャイン水族館

東京の真ん中で、海の世界を満喫できる水族館

東京の中でも賑やかなエリアの1つ、池袋にある都心型水族館で、池袋サンシャインシティの中の、ワールドインポートマートビル屋上にあります。

2017年にはペンギンの展示がリニューアルしたのも有名で、国内のみならず海外からも多くの来館者がやってくる大人気の水族館です。

空を飛ぶ!?ペンギンたちに会いに行こう

2017年夏、新しい水槽がオープン!空飛ぶペンギンが見られる水槽です。これは、他ではなかなか真似できない展示法です。横からペンギンを見る水槽は他の水族館でもよくみます。何が真似できないかというと、屋上に水族館があるからです!

都内のビル群の景色が、水槽の背景になります。そのため、ペンギンが都会の空を飛んでいるように見えるのです夜には綺麗に屋外がライトアップされ、雰囲気の良いひと時が楽しめます。デートにもおすすめ。

ビルの中とは思えない!海の世界がそこにある

ここは、とてもビルの中とは思えないほどの「海の生きもの満載」な空間です。世界中の海からやってきた生きものたちが、生き生きと生活する姿に、感動してしまうことでしょう。

館内はバリアフリーになっており、屋上のイメージを覆されるほど広々しています。車椅子の人やベビーカーできた親子・子連れにも優しい作りになっています。平日の昼間などは、ベビーカーを押しているママさんたちが水族館を楽しんでいる姿をよく見ます。

癒しといえば、オススメはクラゲ水槽エリア。ユラユラふわふわと漂うクラゲが、可愛く見えて癒されてしまいます。マンボウも見応えがあります。

チンアナゴやサメなど、人気者の展示があるのは勿論ですが,中でも驚きは,アマゾン川やアフリカの川の淡水魚のなんと大きなこと!その迫力に圧倒されてしまいます。

ペンギンやアシカ、ペリカンやアロワナのショーも充実

都会のビルが立ち並ぶエリアでこんなに多くのショーが充実しているのも、サンシャイン水族館の大きな魅力の1つ。

中でも「アロワナ&ドラド・フィーディングタイム」のパフォーマンスは珍しいのでぜひチェックしておきましょう。ジャンプして餌を食べにくる様子を、飼育スタッフの解説を聴きながら楽しむことができます。

どれくらい高くジャンプできるか、実際のショーで確認しておきましょう!どうやら水中で助走をつけているとのウワサがあるので、その様子もしっかり観察しておくのがおすすめです。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人(高校生以上) 2,200円 4,400円
こども(小・中学生) 1,200円 2,400円
幼児(4歳以上) 700円 1,400円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 3月20日(火)まで 10:00 ~ 18:00 (入館は17:00まで)
3月21日(水) ~ 9月24日(月) 10:00 ~ 21:00 (入館は19:00まで)
9月25日(火) ~ 3月20日(水) 10:00 ~ 18:00 (入館は17:00まで)
休館 年中無休

公式ホームページ

サンシャイン水族館

関連記事

  1. すみだ水族館

    墨田区「すみだ水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. アクアパーク品川

    「マクセル アクアパーク品川」の見どころ・楽しみ方

  3. 「多摩川ふれあい水族館」の見どころ・楽しみ方

  4. 「上野動物園 両生爬虫類館」の見どころ・楽しみ方

  5. 葛西臨海水族園

    「葛西臨海水族園」の見どころ・楽しみ方

  6. 井の頭

    「井の頭自然文化園 水生物館」の見どころ・楽しみ方