「マリンワールド海の中道」の見どころ・楽しみ方

マリンワールド海の中道

九州の海の中を歩いて散歩しているような水族館

2017年4月にリニューアルオープンした福岡の水族館です。あっと驚く展示の工夫と、その大迫力に何度訪れても新しい感動があると大人気。レストランではイルカの優雅な泳ぎを観ながら食事もできて、すべてが「海の中」を感じられる空間になっています。

九州の玄界灘の大迫力を感じよう

館内は水槽と日光のコントラストが素晴らしく、海水までもが「生き物」の一部として楽しく鑑賞できる水族館になっています。

特に九州の海を再現している「玄界灘水槽」では、荒波を再現するため、500㎏の水を一定の時間ごとに水槽内へ投入して、その水圧としぶき、気泡で、まるで本物の荒波を作り出しているのです。

その大迫力に、九州の海の力強さとそこに生きる魚たちのたくましさを、一瞬で感じられる圧巻の水槽になっています!

うみなかcubeは、360度が海・うみ・ウミ!!

天井も、側面も、そして足もともガラス張りで海水に囲まれている不思議な空間「うみなかcubeは、大人気スポットの1つ。これぞ「海の中の道を歩く!」そんな水槽です。

すーっと近づいてくるアザラシが、時には足もとからこちらを覗き込んでいたり、同じ目線の高さで見つめてきたりと、ここで体験できる生き物との一体感は格別です。

海の中を自分の足で移動している感覚は、壁がすべて透明の「シースルーエレベーター」でも味わうことができますよ、こちらも大人気です。

ペンギンの丘では、彼らのいろんな表情と間近で会えます

リニューアルに合わせてできた「ペンギンの丘」は、草の上をヨチヨチ歩く姿に岩場をぴょんぴょん跳ねる様子、そして高速で泳ぐところも観察できる、ペンギン満喫スポットになっています。

かなり近くで観察でき、まるで届きそうな距離までペンギンたちがやってくるので、身体の細かい部分までよく観察できますよ。

バリアフリーで、館内もスムーズに移動できます

館内はすべてスロープが完備されていて、その道幅もゆったりと作られています。車椅子の方や階段が苦手な方でも、安心して楽しめるのがうれしいですね!

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人・高校生 2,300円 4,500円
シニア(65歳以上) 1,840円
中学生 1,200円 2,300円
小学生 1,000円 1,900円
幼児(4歳以上) 600円 1,100円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 3月 ~ 11月 9:30 ~ 17:30 (入館は16:30まで)
12月 ~ 2月 10:00 ~ 17:00 (入館は16:00まで)
延長 GW 9:30 ~ 21:30 (入館は20:30まで)
夏休み 9:00 ~ 21:30 (入館は20:30まで)
クリスマス(12月23日 ~ 25日) 10:00 ~ 21:00 (入館は20:00まで)
休館 2月第1月曜日とその翌日(2日間)

公式ホームページ

マリンワールド海の中道

関連記事

  1. 「響灘緑地 熱帯生態園」の見どころ・楽しみ方

  2. 「やながわ有明海水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 「ベイサイドプレイス博多 アクアリウム」の見どころ・楽しみ方