「すみえファミリー水族館」の見どころ・楽しみ方

幻の魚・アカメに会える水族館

「すみえファミリー水族館」は宮崎県・延岡市の須美江家族旅行村内にある水族館です。身近な魚から全国的に珍しい魚まで150種類・約800匹を飼育・展示し、その中には幻の魚と言われるアカメもいます。

アカメの「目」はやっぱり「赤」いのかな?

この水族館の一番の見どころは、やはり「アカメ」。そうなのです、アカメはその名の通り角度によって目が赤く見える魚です。その目の輝きはルビーの様に美しく、感動してしまうこと間違いなしですよ。

そんなアカメ、実は黒潮に面している西日本の太平洋にしかすんでいません。主な生息区域は宮崎県と高知県ですが、絶滅危惧種にも指定されている珍しい魚なのです。国内の水族館でもアカメを展示しているところは数カ所しかなく、まさに「幻の魚」と呼ぶのにふさわしい珍魚です。

身近な五ヶ瀬川水系の淡水魚からユニークな魚まで!

延岡の清流・五ヶ瀬川にすむ魚たちの展示は上下2段の水槽になっており、上段は上流、下段は下流の魚が泳いでいます。身近な魚の展示ですが、コアユの群れが泳ぐ姿は実際にはなかなか観察できないレアな風景。群れならではの力強さをぜひ実感してください。

身近な魚だけではありません。子どもたちに人気のカクレクマノミや全長180cmの大きなニセゴイシウツボ、カラフルな熱帯魚などたくさんの生きものが展示されています。海底をノシノシと歩くカエルアンコウや深海にすむカニ・ツノハリセンボンなど、ユニークな魚もいるので見飽きませんね。

タッチコーナーもあります

館内にはタッチコーナーもあり、海の生きものとのふれあいも楽しめます。ウニやヒトデ、ナマコ、ヤドカリなど「知っているけれど、なかなか触る機会のない生き物」に触れて、間近で観察することができるんですよ。

トゲトゲのウニやぐにゃぐにゃしたナマコに触るのはちょっと怖い・・・と思うかもしれませんが、意外と気持ち良かったり?ぜひふれて、たくさんの思い出をつくってくださいね。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常
高校生以上 300円
小・中学生 200円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館 水曜日(祝日の場合は翌日)

公式ホームページ

すみえファミリー水族館

関連記事

  1. 多摩川ふれあい水族館

    「出の山淡水魚水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 箱根園水族館

    「高千穂峡淡水魚水族館」の見どころ・楽しみ方