「高千穂峡淡水魚水族館」の見どころ・楽しみ方

箱根園水族館

高千穂の清らかな水で淡水魚たちが悠々と泳ぐ水族館

「高千穂峡淡水魚水族館」は、国の天然記念物に指定されている高千穂峡にあります。三角屋根が特徴的な山小屋風の建物が目印で、清らかで透明度の高い「玉垂の滝」の湧水で魚たちを飼育しているのが特徴です。すぐそばでボートにも乗れるので、ボートの待ち時間に立ち寄るにはちょうど良い、小さな施設です。

身近な魚から外国の魚まで約100種類を飼育

清らかで透明度の高い玉垂の滝の湧き水を使っているのが特徴です。展示のメインは、高千穂峡のある五ヶ瀬川水系の川魚たちで、ヤマメやどんこなどの身近な魚たちが悠々と泳ぐ姿を楽しむことができます。

五ヶ瀬川の魚以外にも日本や外国のさまざまな魚がいます。中でも一番の見どころは「コバルト個体のニジマス」です。このニジマスは黒い色素を持たずに生まれてくるので体の色が水色なんですよ。生まれてくること自体が稀な上に体が弱く生存率が低いので、コバルト個体のいる水族館は全国的にもとても珍しいのだとか。貴重なコバルトブルーのニジマスは必見ですね!

ウーパールーパーや、宮崎県で養殖が盛んなチョウザメもいます。その見た目から、「パンダウナギ」や「ダルメシアンウナギ」とも呼ばれるホルスタインイールや、大きなアリゲーターガーといった外国産の淡水魚も飼育していますよ。

魚とのふれあいや釣りも楽しめる!

館内では、人気のドクターフィッシュを体験できるコーナーもあります。体験できるのは手だけですが、その分気軽に楽しめますね。ツンツンとつつかれる感覚はくすぐったいですが、セラピー効果もあるのでオススメです。

また、水族館の外には池があり、チョウザメやコイ、ニジマスのエサやりができます。釣り堀もあるので、竿とエサをレンタルすればニジマス釣りも楽しめちゃいます。釣ったニジマスは塩で防腐処理を施してもらえるのでお持ち帰りもできますよ。清流で育ったニジマスの味は格別!

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常
大人・高校生 300円
小・中学生 200円
3歳以上 100円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00
休館 12月31日, 1月1日

公式ホームページ

高千穂峡淡水魚水族館

関連記事

  1. 多摩川ふれあい水族館

    「出の山淡水魚水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 「すみえファミリー水族館」の見どころ・楽しみ方