「長崎ペンギン水族館」の見どころ・楽しみ方

長崎ペンギン水族館

世界でも類を見ない!ペンギン専門の水族館

世界には18種のペンギンが生息していますが、そんなペンギンだけを専門として9種類を飼育展示している水族館が世界に1つ、長崎市にあります。前身である長崎水族館のリニューアルに合わせてペンギンに特化し、ペンギンと自然・環境保護を伝える水族館となりました。

深さ4mの大水槽を猛スピードで潜るペンギンは、見ごたえ十分!

なんといってもこの水族館の見どころは、大水槽で繰り広げられるペンギンの潜水シーンです。また、まるで空を飛ぶようなスピードで泳ぎ回るペンギンたちの機敏な動きにも圧倒されるでしょう。超オススメです。

この規模の水槽サイズでペンギンたちが飼育している水族館は世界でも珍しいので、じっくりとこの空間を楽しみ、海の中をペンギンと一緒に泳いでいる気分に浸ってくださいね。

見て、触れて、考えることのできるイベントが盛りだくさん

「ペンギン広場」というエリアでは、この水族館で繁殖したフンボルトペンギンたちと触れあうことができます。

その羽根の感触、クチバシの硬さや尖っている様子、意外と鋭い目つきに、今まで抱いていたペンギンのイメージがきっと吹っ飛ばされることでしょう。

他にも餌やり体験やペンギンパレードなどもありますよ。スケジュールはホームページで事前にチェックしておきましょう。

調査研究の歴史が深い水族館

かつてペンギンはちょっとしたことで体調を崩し、長期間の飼育や繁殖を行うことが難しい動物と言われてきました。

そんな中で次々と世界初の繁殖に成功したこの水族館は世界的にも注目され、その技術は海外の文献で「長崎方式」と紹介されたほどです。歴史に裏付けられた飼育展示の技術を思いながら見学すると、また違った発見があるかもしれませんね。

ペンギン専門ですが、お魚もいます

ちなみに「ペンギンだけ」ではありません!ムツゴロウやトビハゼ、カタクチイワシやクラゲ、カニやサメ類も観察できます。

また研究目的としてタイからメコンオオナマズという珍しいナマズが贈られて、ここで生活しています。駐車場から本館までの道にはビオトープが再現されていて、水生生物も飼育されています。デートや子連れにもおすすめですよ。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
一般 510円 1,230円
幼児・小中学生 300円 720円
3歳未満 無料
市内の60歳以上 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00
延長 8月 9:00 ~ 18:00
休館 年中無休

公式ホームページ

長崎ペンギン水族館

関連記事

  1. ムツゴロウ

    「むつごろう水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 海きらら

    「九十九島水族館 海きらら」の見どころ・楽しみ方