関東のおすすめ水族館・ベスト10選!

京都水族館

まずは、はじめにお伝えします!全国、どの水族館も「超オススメ」です!!
この世にたった1つしかない、その生きものの、その「命」が、水族館という空間で、懸命に生きる姿。

それはどの水族館でもまったく変わらず神秘的で、感動のかたまりです。
そんな中でベスト10選のキーワードは「何度も行きたくなる度”ちょっと高め”!」

上野動物園 両生爬虫類館(東京都)

上野と言えば日本最古の動物園「上野動物園」が有名ですが、実は日本最古の「水族館」も、ここ上野動物園の一角に誕生しました。その名も「うを(うお)のぞき」!観魚室として、当時は大変話題となったようです。

それから約130年以上が過ぎ、園内では両生爬虫類館が人気を呼んでいます。日本産をはじめ、世界の両生・爬虫類が生き生きと暮らす様子を間近で観察できますよ。

大人気の仔パンダ「シャンシャン」の成長を追っていきながら動物園に通いつつ、水族館も味わえるというのも、お得感たっぷりですね。

 

井の頭自然文化園 水生物館(東京都)

ニホンリスやキツネ、アナグマなど日本産動物の展示の他、モルモットとのふれあいコーナーもある本園と別に、分園として「水生物園」があります。

その中にある「水生物館」では、カイツブリが獲物の魚モツゴを捕まえる姿や、カワセミが水中にダイブする姿が観察できます。

本園と分園どちらも楽しめて大人500円、中学生150円、小学生以下は無料!コスパも抜群なので、ぜひ何度も行って楽しみたい場所です。

 

横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県)

「海の楽園」とは、まさにこの水族館を言うのかもしれません。大型水槽に暮らす魚たちに、頭の上の水中トンネルを走り過ぎるイルカ、カワウソとのふれあいに大型LEDでの映像とコラボした生きものたちのショー!

夢のような空間で、どっぷりと海の世界に浸ることができます。遊園地も隣接していて、いつでも誰でも楽しめる、そんな空間になっています。

 

新江ノ島水族館(神奈川県)

大人気のイルカパフォーマンスが観られるスタジアムは、右手に富士山、左手に江ノ島を望む絶景が!春夏秋冬、違った表情を見せてくれるこの眺めを求めて、通っておられる方も少なくありません。

江ノ島といえば美味しい「シラス」を思い出す方も多いはずですが、ここでは活きたシラスの大群が飼育展示されています。かなりのレア展示なので必見ですよ。

更に館内にあるレストラン「湘南カフェ」では、「えのすい丼」という名のシラス丼も大人気です。風景も、生きものも、グルメもすべてインスタ映え間違いなし!

 

鴨川シーワールド(千葉県)

太平洋の大海原をバックに豪快なジャンプを見せてくれるシャチ!現在、国内でシャチのパフォーマンスを観ることができるのは、ここ鴨川シーワールドだけです。

2018年春には、ベルーガ(シロイルカ)のパフォーマンス会場「マリンシアター」もリニューアルオープンし、ますますパワーアップしていますよ!

海獣類が大好きな方には、最高の1日を満喫できる水族館です。1日?そんなの全然足らないわ!というお客様も続出中とのウワサです。

 

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館(神奈川県)

横浜にある観光地「横浜中華街」の一角に、水族館にあるのをご存じでしょうか?コンパクトな水族館ですが、中身のぎゅっと詰まった名前の通り「おもしろ」い水族館なのです。

館内のつくりは小学校・幼稚園をモチーフとされていて、ひと味違った「笑い」もたっぷりあるユニークな展示手法です。ただ「笑い」だけではなく、「学び」もある展示内容もうれしいところ。

「中華街で満腹になった上に、海の生きものに詳しくなって帰る」というのも、充実したお出かけになりそうですね。

 

すみだ水族館(東京都)

東京の名所・スカイツリーの5・6階に広がる体験型水族館で、とにかく生きものたちとの距離、そして飼育スタッフとの距離もとても近いのが魅力的。

また普段からバックヤードも見えるようになっているので、生きものと飼育スタッフたちの日々の関わりも見学できるのが良いですね。

上京した家族や友人を連れて行く観光地としても、またデートやお出かけでの普段使いにも、どちらにもおすすめできる水族館です。

 

アクアワールド大洗水族館(茨城県)

全国一のサメの種類数を誇る水族館で、国内外から大勢のサメファンが訪れます。もちろんサメだけではなく、イルカやアシカ、ペンギンやマンボウたちもいて、いつも大賑わい。

水族館の生きものたちをモチーフにした絵手紙を水族館に送ると、毎月入選者が発表され招待券が無料でプレゼントされるとユニークな企画も開催中です。

絵を描きに水族館を訪れて、プレゼントが当たったらまた行けるかも…!楽しみ倍増ですね。

 

橫浜市立間門小学校 付属海水水族館(神奈川県)

全国で唯一、小学校内にある海水水族館で、知る人ぞ知る興味深いスポットとなっています。とにかく生きものたちの解説板や説明文が、愛らしく和みます!

というのも、すべて小学校の児童が手作りで設置したもので、一生懸命さに加えてしっかりと調べているのが伝わってきてたまりません!

基本的には学校が行われている時間に見学が可能で、もちろん無料です。神奈川県にはたくさんの有名水族館が目白押しですが、ここもチェックしておきたいところですね。

 

観音崎自然博物館(神奈川県)

「リアルな自然と生態」がテーマの自然博物館で、観音崎から東京湾、三浦半島の自然が体験できる博物館です。山と海に囲まれた豊かな環境で、水生生物だけではなく、植物や鳥、昆虫まで幅広く網羅しています。

その上、自然観察(調査)会や体験ツアーなどかなり多くのイベントがいつも用意されています。しかも子どもから大人まで、一度ハマったら抜け出せないようなディープな企画も目白押し!

その面白さに気付いてしまったら、足繁く通ってしまうこと間違いナシかも?

まとめ

いかがでしたか?「今度のお休みに、行ってみようかな?」という水族館が見つかったでしょうか?

…最後にもう一度!全国どの水族館も、「超おすすめ」なんですよ!!

関連記事

  1. 海遊館

    冬・おすすめの水族館イルミネーション

  2. 海遊館

    水族館で進めている保全の取り組み

  3. 日本全国に水族館の数はいくつある?

  4. 水族館_結婚

    水族館で結婚式をあげたい…そんな夢が叶います!

  5. おたる水族館

    無料の水族館を10倍楽しむ!

  6. ジュゴン

    シニア必見!テーマ別おすすめ水族館