「鶴岡市立加茂水族館」の見どころ・楽しみ方

加茂水族館

クラゲがいざなう、夢の世界の水族館

「クラゲ展示種類世界一」として、ギネスブックで認定されている鶴岡市立加茂水族館は、サンゴの水槽で偶然クラゲが発生したことからクラゲの展示が始まったという面白いエピソードがあります。

2010年にはオワンクラゲの縁で、ノーベル化学賞受賞者の下村脩氏が初来館し、1日館長を務めるなどして一躍全国的に有名になりました。

「クラ」ネタリウムで、クラゲの世界に迷い込む

加茂水族館

そんな「かもすい」で一番のおすすめはやっぱり「クラネタリウム」。クラネタリウムでは、常時50種類以上ものクラゲが展示されています。ここでは彼らの生態と魅力を、思う存分味わうことができます。

クラゲはその種類が豊富で、櫛型の光るクラゲやシャンデリアのようにきらびやかなクラゲ、雲のようなクラゲなど、まるで絵にかいたようなクラゲたちのありとあらゆる姿が広がる館内は、まさに「クラゲの世界」。

フワフワと揺らめくクラゲの姿は神秘的で見ている側の心もリラックスして、とても癒される空間でもあります。デートにもおすすめ。

ここでしか観られないかも?発光するクラゲたち

身体から発光しているクラゲを観察できるのも、この水族館の見どころの1つです。一般的に水族館で繁殖させたクラゲは発光しないのですが、下村氏のアドバイスから緑色に発光させる事に成功し、発光中のオワンクラゲを間近で見る事ができます。

加茂水族館

クラゲ博士になれるかも?

クラゲ解説コーナーでは、クラゲの成長段階をそれぞれの水槽で観察することができます。クラゲの素朴な疑問に答えるパネルも多く、クラゲの餌は?クラゲの餌の食べ方は?等など。クラゲについての知識を学べます。

庄内の海の幸を、存分に楽しめるダイニングも人気

館内には、庄内の海の幸を中心にさまざまな料理を楽しめるダイニングがあります。季節ごとの旬に合わせたメニューが豊富で、ダイニングのみの利用も可能です。「エチゼンクラ定食」や、クラゲラーメン、クラゲアイスも人気!

テーブルからは日本海も楽しめるうえに、アザラシ・アシカプールも良く見えますよ!

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
一般(高校生以上) 1,000円 2,500円
小・中学生 500円 1,250円
幼児 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 下記以外 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
夏休み 7月29日 ~ 8月20日 9:00 ~ 17:30 (入館は17:00まで)
休館 年中無休

公式ホームページ

鶴岡市立加茂水族館クラゲドリーム館