「東山動物園 世界のメダカ館」の見どころ・楽しみ方

東山動植物園

世界中のメダカを堪能できる、世界でも珍しい水族館

名古屋市には歴史ある動物園の1つ、東山動植物園があります。この動物園の中に「世界のメダカ館」があります。

メダカと言えば日本人にとっては身近な魚の代表でしたが、今ではニホンメダカは絶滅の恐れがあり、懸命に保護繁殖活動が進められています。このメダカ館ではニホンメダカをはじめ、世界中のメダカを約150種類飼育し、保護繁殖のための調査研究にも力が注がれているのです。

飼育スタッフが懸命に育てている小さな命たちが、宝石のようにキラキラと水槽内で泳ぐ姿に「自然と人間のこれから」を考えさせられる、そんな空間になっています。

エントランスを入るとそこには日本の原風景が

メダカ館の入り口を入るとそこには日本を代表する田んぼの風景が広がっています。水の流れる音をバックにニホンメダカや田んぼに棲む水生生物が飼育されていて、昔懐かしい感覚に浸ることができます。

しかしこうした風景が今では数少なくなり、さまざまな日本固有の生き物たちが絶滅の危機に立たされているという現実も、このメダカ館では各所で解説されています。

世界中からやってきたたくさんの小さな命が、目の前に広がっている

世界のメダカ館には約150種類のメダカが飼育されています。その展示の美しさは人気があり、ちょっとしたヒーリングスポットでもあるようです。

メダカたちは水槽の中で心地よく生活できるように、水草や隠れる石なども豊富に入れてあり、その中で泳ぎ、休み、仲間どおし群れる姿は、小さい身体でありながら生命力を感じる展示方法です。大切に、そして丁寧に飼育展示されていることが伝わってきて、命の重さも実感できる場にもなっています。

「名古屋メダカ」を知っていますか?

メダカ館には「名古屋メダカ」という名前で分類されているメダカが飼育されています。日本には1種類のみと言われているメダカですが、遺伝子的に東日本と西日本のメダカで違いがあるという説が。もちろん野生下では観ることができない名古屋メダカ、ぜひチェックしておきましょう。特設コーナーでは、名古屋メダカについてもっと詳しく知ることができますよ。

園内のショップには、メダカのイラスト入りミニタオルも販売中!

メダカ好きな方、オリジナルグッズマニアな方は、園内ショップで販売しているメダカのイラスト入りミニタオルを手に入れておきませんか?水中をイメージできるブルー地のミニタオルに、愛らしい2匹のメダカが大きくプリントされています。なかなかメダカ柄のタオルって探してもありませんよね?要チェックです!

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人(高校生以上) 500円 2,000円
65歳以上(市内在住) 100円 600円
中学生以下 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 16:50 (入園は16:30まで)
休園 月曜日(祝日の場合はその直後の平日), 12月29日 ~ 1月1日

公式ホームページ

東山動植物園

関連記事

  1. 「碧南海浜水族館」の見どころ・楽しみ方

  2. 名古屋港水族館

    「名古屋港水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 竹島

    「竹島水族館」の見どころ・楽しみ方

  4. 南知多ビーチランド

    「南知多ビーチランド」の見どころ・楽しみ方

  5. 「のんほいパーク 豊橋総合動植物公園」の見どころ・楽しみ方

  6. 「赤塚山公園 ぎょぎょランド」の見どころ・楽しみ方