「竹島水族館」の見どころ・楽しみ方

竹島

珍しい深海生物と可愛いアシカがお出迎え!アットホームな竹島水族館

竹島水族館は小さな水族館ですが、常時約500種類、約4500匹もの生きものを展示しているので見応えがあります。「タッチングプール」では冬季限定で深海の生きものに触ることが可能!全国的にも珍しい、オオグソクムシ、タカアシガニ、イガグリガニなどに触ることができます。

小さな施設だからこそできるアットホームな雰囲気

展示物や生きものの説明プレートは、ほとんどが担当飼育員の手作りとのこと!かわいいイラストやユニークな視点からの解説が書かれ、楽しく読むことができます。

また、竹島水族館の展示水槽は、ほとんどが低めに設置されています。抱っこやおんぶをしてもらわなくても、子どもたちは自分の足で歩いて、好きな生きものをじっくり見ることができるのです。

近距離で楽しめるアシカショー

この水族館のオススメスポットは、近距離で観覧できるアシカショーです。スタンドもプールも決して広くはありませんが、その分、躍動感あふれるアシカの動きやおちゃめな表情を間近で楽しむことができます。

平日は1日3回、土日祝は1日4回のショーの他、夕方には公開練習を見ることもできますよ。観覧者の多いときは立ち見になってしまいますが、それも他の水族館にはあまりない体験ですね。

長い歴史にはたくさんのエピソードが

竹島水族館は1956年に竹島園地にて開館しました。しかしわずか3年後に伊勢湾台風で半壊となります。その後1962年に現在の場所に移転し、再オープンを果たしました。1990年台から2000年台前半にかけて、その外観の古さから来場者数が右肩下がりを続け、一時は廃館の話も出たそうです。

しかし、小さい施設であることを活用しアットホームな路線を目指したところ、再び客足が伸びて2015年度には来館者数が30万人の大台を突破しました。2018年元旦にはリニューアルオープン!新たな水槽が2つ設置され、アットホームな雰囲気はそのままでますます魅力があふれる水族館へと生まれ変わりました。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人 500円 1,250円
小・中学生 200円 500円
小学生未満 無料

営業時間・休館日

期間 時間
通常 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館 火曜日(祝日の場合は翌日), 12月29日 ~ 31日, 6月にメンテナンス休館あり ※長期休暇期間は火曜日も開館

公式ホームページ

竹島水族館

関連記事

  1. 「のんほいパーク 豊橋総合動植物公園」の見どころ・楽しみ方

  2. 「赤塚山公園 ぎょぎょランド」の見どころ・楽しみ方

  3. 南知多ビーチランド

    「南知多ビーチランド」の見どころ・楽しみ方

  4. 「碧南海浜水族館」の見どころ・楽しみ方

  5. 東山動植物園

    「東山動物園 世界のメダカ館」の見どころ・楽しみ方

  6. 名古屋港水族館

    「名古屋港水族館」の見どころ・楽しみ方