「アクア・トトぎふ」の見どころ・楽しみ方

世界最大級の淡水魚水族館

アクア・トトぎふは、岐阜県にある世界最大級の淡水魚水族館です。高速道路のPAに直結しているので、車でちょっと立ち寄るには最適のロケーション。

ここには岐阜県を代表する長良川から始まり、世界の川に棲む生き物たちまで幅広く展示されています。1階のアマゾン川ゾーンでは世界最古の淡水魚の1種「ピラルクー」が!その大きさに驚くと同時に、原始的なシルエットは印象に残ることでしょう。

館内の細部まで見どころ満載

アクア・トトぎふは、日本に昔から生活している淡水魚をはじめ、身近なは虫類や両生類がとても観やすく展示されているのが特徴です。里山やため池を再現し、野鳥たちも展示されているので、動物と植物たちが深く繋がって生きている様子がよくわかりますよ。

大水槽だけでなく、小さな水槽内で広がる自然の再現にも定評があるこの水族館では、何気なく観てしまいそうなカエルやサンショウウオ・小魚が、特別な存在にまで感じてしまうほど生き生きしています。

長良川の自然の豊かさを実感できます

地元の淡水魚の保護繁殖にも力をいれているこの水族館では、岐阜県の自然を代表する長良川流域で生活する生き物たちが多種展示されています。長良川と言えばアユが有名ですが、アユが川の中で「何をどんなふうに食べているのか」を実際に観る機会はほとんどありませんよね。そんなアユの生態をここではじっくりと観察できます。

おなじみのコイやナマズ・オイカワ、そしてニホンウナギも展示されていて、昔懐かしい風景を思い出すきっかけにもなるでしょう。小さなお子様たちには、「昔はこんな魚がいっぱいいたんだよ。」と知ってもらえる場所にもなりそうですね。

「清流ふれあいプール」では、長良川に棲んでいる魚たちへの餌やり体験も人気です。

アフリカのコンゴ川流域ではデンキナマズやコガタワニに会える!

国内だけではなく、世界の代表的な川に生息する魚たちもここでは多く展示されています。コンゴ川の展示ゾーンでは、デンキナマズも展示されていますよ。身体から電気を出して小魚などの獲物をしびれさせ捕えるというこのナマズ、近くでじっくり観察してみましょう。

また流域に生息しているニシアフリカコガタワニも観ることができます。このワニは乱獲によって絶滅のおそれがあることもぜひ知ってもらいたい事実です。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人 1,500円 3,000円
中学・高校生 1,100円 2,200円
小学生 750円 1,500円
幼児(3歳以上) 370円 740円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 平日 9:30 ~ 17:00 (入館は16:00まで)
土日祝日 9:30 ~ 18:00 (入館は17:00まで)
休館 年中無休 ※臨時休館あり

公式ホームページ

世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ

関連記事

  1. 匠の館森の水族館

    「匠の館 森の水族館」の見どころ・楽しみ方