「日本サンショウウオセンター」の見どころ・楽しみ方

ハンザケ

全国的にも珍しいサンショウウオ専門のミュージアム

三重県・赤目四十八滝の麓にある水族館「日本サンショウウオセンター」は、赤目四十八滝生まれのオオサンショウウオをはじめとする9種・約50匹の両生類を飼育展示しています。

赤目生まれのオオサンショウウオを展示

オオサンショウウオは特別天然記念物にも指定されている、世界最大の両生類です。約3,000年前から見た目が変わっていないことから、「生きている化石」という別名もあります。

センターの入り口を入ると、まず4~10歳くらいのオオサンショウウオを展示する水槽があります。4歳くらいのオオサンショウウオは全長10cmほど。岩場を再現した大きな水槽には、センター最年長で超巨大なオオサンショウウオ「サンショウマル」の姿が。推定年齢はなんと60歳以上!全長1m以上なのでビックリしてしまいますね。

20~30歳くらいのオオサンショウウオがすむ水槽もあります。こちらのオオサンショウウオは「好奇心旺盛な性格の子」や「やんちゃな気質の子」など、それぞれに個性があるので、ぜひゆっくりじっくり観察してみてくださいね。

赤目四十八滝はオオサンショウオの生息地であり、運が良ければ川や滝に生息するオオサンショウウオの姿を観察することもできますよ。

イモリの仲間もいます

このセンターではオオサンショウウオ以外にも数種類の両生類を展示しています。準絶滅危惧種に指定されているオキナワシリケンイモリは奄美諸島を中心に生息している種類で、オレンジ色のお腹が特徴。イモリの仲間の中では大型のムハンフトイモリは、中国南東部にすんでいます。

メキシコサンショウウオは、実はとぼけた顔立ちで一世を風靡したウーパールーパーのことなんですよ。スペインやモロッコに生息するイベリアトゲイモリはヨーロッパの有尾類の中では最大のイモリです。一言に「イモリ」と言っても、地球上にはさまざまな種類がいます。見た目も大きく異なるので、イモリを見比べてみるのも楽しいですよ。

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常(入山料)
大人 400円
小・中学生 200円

営業時間・休館日

期間 時間
通常 4月1日 ~ 11月30日 8:30 ~ 17:00
12月1日 ~ 3月31日 9:00 ~ 16:30
休館 12月28日 ~ 31日

公式ホームページ

日本サンショウウオセンター

関連記事

  1. 「志摩マリンランド」の見どころ・楽しみ方

  2. 鳥羽水族館

    「鳥羽水族館」の見どころ・楽しみ方

  3. 「紀宝町ウミガメ公園」の見どころ・楽しみ方

  4. 伊勢シーパラダイス

    「伊勢シーパラダイス」の見どころ・楽しみ方