茨城「かすみがうら市水族館」の料金・時間・割引クーポン

。霞ヶ浦のほとりの歩崎公園敷地内にある水族館で、三角屋根のメルヘンチックな外観が特徴です。淡水魚を中心に海水魚や両生類・爬虫類、昆虫に至るまでさまざまな生きものを飼育・展示しています。

入り口では、大きなアルダブラゾウガメがお出迎え!更に、オオウミウマ・サンゴタツ・タカクラタツ・シーポニー・タツノオトシゴの5種類ものタツノオトシゴも観ることができます。リクガメへの餌やり体験もあるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「かすみがうら市水族館」のおすすめポイント

子どもが楽しめる工夫がたくさん!多種多様な生き物に会える水族館

霞ヶ浦は茨城県の県土の35%も占めるほど、広大で水量の豊かな湖です。そんな、霞ヶ浦に生息する生き物をはじめ、国内外の両生類、爬虫類など全70種類の生物を見学できます。2018年4月にリニューアルオープンしばかりの新しい歴史を刻み始めた水族館です。

淡水魚を中心に海水魚や両生類・爬虫類、昆虫に至るまでさまざまな生きものを飼育・展示しています。ここは景色もすばらしいので、水族館とセットで公園散策もおすすめできる環境です。外には噴水もあり、夏場の遊べるスポットとしても人気があります。

約130種・1000点以上もの生き物を展示

入り口では、大きなアルダブラゾウガメがお出迎え!先を進むと、小さなダンゴウオやとぼけた顔がかわいいネオケラトドゥス、人気者のチンアナゴやカクレクマノミなど、種類豊富に飼育・展示しているのでとにかく見ごたえたっぷりです。

2009年に新種登録されたラオスコブイモリや白変種のリューシスティックテキサスラットスネークなど、珍しい両生類・爬虫類もいますよ。また、県内で捕獲されたオオサンショウオをはじめとする生き物の保護、育成にも力を入れているのも特徴的です。

https://twitter.com/FP3ptbaNVFKA9jh/status/1160029887538708481?s=20

一歩管内に入ると、当館自慢の円柱水槽の中で泳ぐオイカワの群れが、真っ先に目に留まります。1匹ずつよく観察すると顔の表情や動きが微妙に違うので面白いです!

尚、オイカワは、かすみがうら市水族館のキャラクター「オイカワちゃん」にも任命されている人気モノです。 お子さんの大好きなガチャガチャ(¥200)で鯉や亀のエサを買ってあげることもできます。

タツノオトシゴに特化した水族館

この水族館は、実はタツノオトシゴに特化している水族館です。大きい水族館であればタツノオトシゴを展示しているところもありますが、内陸部にある小さな水族館でありながら5種類ものタツノオトシゴがいるんですよ。

オオウミウマ・サンゴタツ・タカクラタツ・シーポニー・タツノオトシゴ、それぞれの違いを見比べてみるのも楽しいですよ。

子ども目線で、子どもが楽しめる水族館

また、生き物たちに直接触れ合えるタッチ水槽も、ちびっ子達から大人気です。 コンパクトな規模の水族館なので、小さなお子さん連れでもゆっくりのんびり過ごせます。

例えば、水槽の魚たちと目線が同じになるような「踏み台」が設置されていたり、フナやコイ、タナゴなど身近な魚とのふれあいコーナーがあったりと、子どもが自分で生きものに近づける環境が整っています。

https://twitter.com/g_bl0y/status/1113887528950435840?s=20

またコイにエサをあげることもできるので、初めて生きものとふれあうなら、ぴったりの空間です。

リクガメへの餌やり体験もあるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

基本情報

アクセス・住所・電話番号

 

車をご利用の方

都内からは常磐自動車「土浦IC」を、福島方面からは「千代田石岡IC」で下車してください。いずれも土浦市内・霞ヶ浦方面の案内掲示板に沿って国道6号線を走るだけなので、土地勘のない人でも大丈夫です。

三郷ジャンクションからおおよそ2時間ですから十分に日帰りで楽しめます。常磐自動車道は、北関東自動車道や外環、首都高速、圏央道と繋がっているので千葉や埼玉、栃木方面からもお出かけしやすいです。

電車をご利用の方

常磐線「神立駅」で下車してください。

乗り合い型のデマンドタクシーを利用すると約30分ほどで到着します。

タクシー料金は、

  • 高校生以上400円
  • 65歳以上・障害者&付き添い・高校生以下200円

で 回数券を使ってのお支払いとなります。

入館料・入場料

料金水族館のみ歴史博物館との共通入場券
一般330円430円
小・中学生160円210円
団体一般270円350円
団体小・中学生110円120円

 

営業時間・休館日

時間
9:00 ~ 17:00(入館は16:30まで)
休館毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日), 12月28日 ~ 1月1日

公式ホームページ

かすみがうら市水族館

「かすみがうら市水族館」周辺の観光スポットは?

公園や温泉で楽しめる!

かすみがうら市水族館は、規模が小さいので1時間もあれば余裕で館内を周遊できます。 せっかくの機会ですから、周辺の観光スポットに足を運んでみましょう。

おすすめは、共通券で入場できる「かすみがうら市歴史博物館」。かすみがうら市の歴史を勉強できる上に、周囲360度を見渡せる展望台からはかすみがうら市内は元より、お天気の良い日には富士山も見られます。

また、かすみがうら市水族館から車でおおよそ20分ほどの所にある「かすみがうら総合公園」は、お子さん連れのご家族にぜひ立ち寄ってもらいたいスポットです。

オランダ型水車がとってもメルヘンチックで、異国情緒たっぷりなのでインスタ映えバッチリです。

もちろん、アスレチックや駆けっこもできる広い広場もあるので、お子さんも大満足します。 遊び疲れたら園内にある日帰り温泉「霞浦の湯」で、のんびり疲れを癒しましょう。

近くの道の駅でグルメを満喫できる!

お車でお越しの方は、かすみがうら大橋を渡って「道の駅たまつくり」でお買い物をしましょう!

こちらでは、霞ヶ浦で養育された鯉を使った「甘露煮」などの特産物やメロンやスイカ、レンコンなどの生鮮食品を購入できます。

そして「道の駅たまつくり」でしか味わえないのが、ご当地バーガー「行方バーガー」です。 なんとかすみがうら市水族館で出会った地元育ちの鯉となまずが、ハンバーガーのパテとしてお目見えします。

白身魚のようなサクサクと軽い食感で美味しいと人気なので、ぜひ召し上がってくださいね。

よくある質問

所用時間は?

1時間程度

授乳室はありますか?

×

コインロッカーはありますか?

×

ベビーカーのレンタルはありますか?

×(ベビーカーでの入館OK)

車椅子のレンタルはありますか?

無料(1台)