東京「すみだ水族館」の料金・営業時間・アクセス・見どころ

すみだ水族館

東京のシンボルタワー・スカイツリー内にある都市型水族館。国内のみならず海外の生きものまで幅広く飼育展示されています。大人限定のワークショップや夜のイベントもあり、さまざまな楽しみ方ができる現在進行形の水族館の1つです。「江戸リウム」では、金魚たちの妖艶な姿が海外からの来館者にも大人気です。

東京の新名所スカイツリー内にある、「いのちのゆりかご」水族館

スカイツリー内に2012年オープンした、都市型水族館です。館内は8つのゾーンに分かれていて、国内のみならず海外の生きものまで幅広く飼育展示されています。 大人限定のワークショップや夜のイベントもあり、さまざまな楽しみ方ができる現在進行形の水族館の1つです。また、ラボゾーンでは飼育スタッフの仕事風景やバックヤードの様子も見ることができ、水族館の裏側に一歩踏み込んで楽しめるようになっているのも特徴です。

東京大水槽で世界遺産を体感しよう

東京近郊には世界自然遺産でもある小笠原諸島があり、伊豆諸島も自然豊かな宝庫です。このすばらしい海の姿を「東京大水槽」で再現しているのが見どころの1つ。本当に美しい海と、そこに生きるたくましい生きものの姿と出会うことができますよ。

すみだ水族館

「江戸リウム」では、金魚たちの妖艶な姿に見とれてしまう!

「江戸リウム」ゾーンでは中央に設けられた浅い円柱型の水槽で金魚たちが気持ち良さそうに泳いでいるのを、ゆったりと見ることができます。上からも横からも金魚を観察でき、グルッと一周お気に入りの金魚を追いかけることもできますよ。

夏の浴衣デートにもぴったりな場所です。 ここではワキンやリュウキン、ランチュウなどの品種が飼育展示されています。上を見上げると、青森県で有名なお祭り「ねぶた祭り」の金魚バージョン「金魚ねぶた」がぶら下がっています。

スカイツリーのために発明されたものではなく、昔は庶民が飼うことの許されなかった金魚を身近に。ということで昔からあったものというのは驚きですね。こうした展示は、海外からの来館者に日本文化を楽しく伝える1つにもなっています。

すみだ水族館

ちょっぴりマニアックなフィーディングタイムも大人気!

この水族館では、チンアナゴのフィーディングタイムが大人気でおすすめです。大きさの違うプランクトンを与えますが、個体によって大きさの好みや食べ方に違いがあるのがじっくり観察できますよ!

すみだ水族館

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金通常年間パスポート
大人2,050円4,100円
高校生1,500円3,000円
小・中学生1,000円2,000円
幼児(3歳以上)600円1,200円

お得な割引チケット

すみだ水族館は大人気のためチケットを購入するために長蛇の列に並ぶことも珍しくありません。日本最大級のレジャー・体験・遊び予約サイト「アソビュー」を使えば、スマホを見せるだけで並ばずに入場できますよ!

>>すみだ水族館窓口に並ばず入場できる前売り電子チケット!アソビュー

営業時間・休館日

時間
9:00 ~ 21:00 (入館は20:00まで)
休館年中無休

公式ホームページ

すみだ水族館

よくある質問

授乳室はありますか?

館内に2カ所(給湯設備あり)

コインロッカーはありますか?

×(東京スカイツリータウン内にあり)

ベビーカーのレンタルはありますか?

×(東京スカイツリータウン内で貸出し)

車椅子のレンタルはありますか?

無料