佐賀「伊万里湾カブトガニの館」の料金・営業時間・アクセス・見どころ

伊万里湾カブトガニ

「伊万里湾カブトガニの館」は、佐賀県・伊万里湾(いまりわん)の多々良(たたら)海岸の目の前にある展示館です。館内では、ビデオやパネルによってカブトガニについて詳しく知ることができます。

規模的には小さいですが、絶滅危惧種カブトガニを間近で観察できる珍しい水族館です。

絶滅危惧種・カブトガニってどんなカニ?

「カブトガニ」の名の通り、まるで兜のような甲羅が特徴的なカブトガニ。実はカブトガニは、今から5億年近くも前には地球上に存在していたそうです。

今の姿になってからも2億年以上が経過しているとのことで、まさに「生きている化石」という呼び名に相応しい生き物です。 国内でカブトガニが生息しているのは西日本の海岸沿い、ほんの一部の場所だけです。

さらに海岸の埋め立てがどんどん進んでいるせいでカブトガニの居場所がなくなり、いまやカブトガニは絶滅寸前の存在となってしまいました。

そんな危機迫る中で、伊万里湾の多々良海岸周辺は国内有数のカブトガニの繁殖地として国指定の天然記念物に登録されています。いつでも「生きている化石」カブトガニを観察できる貴重な場所です。

生きたカブトガニを見ることができる!

この展示館では2匹のカブトガニを飼育・展示しています。なんとカブトガニを間近で見ることができるだけではなく、ふれることもできるんです。なかなか見る機会のないカブトガニとのふれあいも楽しめるという、貴重な経験ができますね。

館内ではカブトガニの模型や生態に関するパネル、年齢ごとの脱皮標本などの資料も展示しています。 モニターでカブトガニの知られざる生活も上映しています。じっくりと見て、カブトガニについて詳しく学んでみてはいかがでしょうか? 

カブトガニの産卵を観察しよう!

6月から8月は、カブトガニの産卵の時期です。タイミングよく会えば、かわいいカブトガニの子供達を観られるかもしれません。幼生と成体の体の大きさ、甲羅の色合いの差を観察する良い機会です。

さらに、幼生を自然に戻す取り組みについても力を注いでいます。飼育スタッフと児童達によって放流会が、開催される年もあります。小さな生命が、偉大な海に負けずと頑張って泳ぐ姿は感動物です。

縁結びにご利益あり!カブトガニ神社

展示館の敷地内にはカブトガニ神社もあります。カブトガニはつがいになると繋がったまま行動することから、カブトガニ神社は縁結びにご利益があると言われているのです。

また、カブトガニは一度に1万~2万個もの卵を産むことから子宝の神ともされています。小さな神社ではありますが、ぜひお参りしていってくださいね!

アクセス・住所・電話番号

住所 〒848-0043 佐賀県伊万里市瀬戸町3134−448
0955-22-5783
行き方 JR伊万里駅から車8分

 

入場料・入館料

料金 通常
無料

営業時間・休館日

期間 時間
7月 ~ 8月(毎日) 9:00 ~ 17:00
9月 ~ 6月の土日祝 9:00 ~ 17:00
9月 ~ 6月の平日 10:00 ~ 16:00
休館 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館), 12月29日 ~ 1月3日 ※7 ~ 8月は無休

よくある質問

授乳室はありますか?

×

コインロッカーはありますか?

×

ベビーカーのレンタルはありますか?

×

車椅子のレンタルはありますか?

×