高知「足摺海洋館」の料金・営業時間・アクセス・見どころ

足摺海洋館

豪快優美な海岸線を臨む「足摺(あしずり)宇和海国立公園」内にある水族館。黒潮が迫る土佐清水市と大月町の海に暮らす魚たちをメインに、多種多様な海の生きものを展示しています。大きな体でゆったりと泳ぐマンボウは人気者!好奇心が旺盛なので、水槽の前に立つとこちらに寄ってきてくれるのも楽しみの一つ。

オススメなのが、土佐の海の生き物にふれることができる「タッチングプール」です。小さな魚やウニ、ヤドカリ、ナマコ、カニなどを実際に手に取って、間近で観察することができますよ。

土佐湾と黒潮の海にすむ魚たちを、ここでじっくり観察しよう!

「足摺海洋館」は、黒潮が育む豪快優美な海岸線を臨む「足摺宇和海国立公園」内にある水族館です。黒潮が迫る土佐清水市及び大月町の海にすむ魚をメインに多種多様な海の生き物を展示しています。

迫力満点の海洋水槽

この海洋館のテーマは「土佐の海と黒潮の魚たち」で、足摺半島の周辺にすむ魚を中心に約200種・約3,000点の海の生き物を飼育展示しています。 数ある展示水槽の中でも、一番の見どころが「海洋水槽」です。直径9m、高さ6m、水量380tの大きな円柱形の水槽は土佐の海を再現しており、1m以上もあるシノノメサカタザメやロウニンアジなどが悠々と泳ぐ姿は圧巻ですよ。他にも群れをなすイサキやギンガメアジなど、全部で約50種類の魚を展示していて見応えがあります。 

かわいいマンボウの水槽も必見

「海洋水槽」の次に大きい「中水槽」ではマンボウを展示しています。大きな体でゆったりと泳ぐマンボウはユーモラスで、何とも言えないかわいらしさがありますよ。好奇心が旺盛なので、水槽の前に立つとこちらに寄ってきてくれるのも嬉しいですね。 しかし、横から見るとかわいいマンボウも真正面からだと意外に怖い顔をしているんです。そのギャップも魅力なので、ぜひ正面からも顔を眺めてくださいね。ちなみに、海洋水槽では午後2時から、中水槽では午後1時からがエサやりタイムです。 

海の仲間にさわれる「タッチングプール」

お子様連れのファミリーにオススメなのが、土佐の海の生き物に触ることができる「タッチングプール」です。小さな魚やウニ、ヤドカリ、ナマコ、カニなどを実際に手に取って、間近で観察することができますよ。  小さなお子さんの場合、特にナマコなどは初めて出会うシルエットに、ちょっとふれるのをためらってしまうかもしれません。しかし、なかなか手に乗せる機会のない生きものたちなので、ぜひふれあいにチャレンジしてみましょう!

アクセス・住所・電話番号

 

入場料・入館料

料金 通常 年間パスポート
大人 720円 1,000円
小・中・高校生 360円 500円

営業時間・休館日

時間
4月 ~ 8月 8:00 ~ 18:00 (入館は17:30まで)
9月 ~ 3月 9:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館 12月の第3木曜日(年1回のみ)

公式ホームページ

高知県立 足摺海洋館

よくある質問

授乳室はありますか?

×

コインロッカーはありますか?

ベビーカーのレンタルはありますか?

無料

車椅子のレンタルはありますか?

無料