北海道「美深町チョウザメ館」の料金・営業時間・アクセス・見どころ

水族館_チョウザメ

北海道・美深町の自然体験型森林公園「びふかアイランド」内にあるチョウザメ専門の水族館です。町の振興事業としてキャビアを収穫するためにチョウザメの養殖をはじめ、その一環として展示を行っています。

建物の外観はとてもおしゃれでSNS受け間違いなし!教会のような素敵な造りで水族館というよりは美術館や郷土館といった趣を感じさせる施設です。中ではいろいろな種類のチョウザメが飼育展示されていて、びふかアイランド内の「びふか温泉」では、チョウザメ料理をいただけます。

「美深町チョウザメ館」のおすすめポイント

北海道でチョウザメに会える!森林公園内にあるチョウザメ専門施設

自然体験型森林公園「びふかアイランド」内にあるチョウザメ専門の施設です。モダンなおしゃれな外観で、水族館とは思えません。

たくさんのチョウザメが飼育展示されている他に、イトウやサクラマスといった魚達にも出会えます。

美深町とチョウザメのつながり

そもそも、なぜ美深町にチョウザメの水族館があるのでしょうか? 美深町を流れる天塩川では、明治頃までチョウザメが遡上していたという記録が残されています。また、1983年には水産庁養殖研究所の飼育実験として、美深町の三日月湖で養殖事業が開始。

1997年にチョウザメ館がオープンしたこともあり、現在では町の振興事業としてキャビアを収穫するためにチョウザメの養殖を行っているのです。

古代魚・チョウザメにこだわる水族館

チョウザメは2億年前からその姿がほとんど変わっていない古代魚で、「生きた化石」とも呼ばれている魚です。

この施設では、オオチョウザメやシベリアチョウザメなど6種・約1,200匹ものチョウザメを飼育展示しています。水槽の中をたくさんのチョウザメが泳ぐ姿はとても迫力があります。

館内の飼育室では、チョウザメの水槽を大きさ別に分けています。「稚魚」→「幼魚」→「成魚」→「親魚」の順に、段々と成長していく様子を観察することができるのです。

また、チョウザメ以外に天塩川に住む魚も展示しています。天塩川を模した水槽でイワナやヤマメ、ウグイなどの川魚が泳いでおり、身近な川の生態系について学べますよ。

チョウザメ料理も味わえます!

びふかアイランド内の「びふか温泉」で、なんとチョウザメ料理を食べられますよ! チョウザメと言えば、「魚卵=キャビア」のイメージが強いですね。

実は、チョウザメの身にも高タンパクやDHA・EPAが豊富に含まれていて、「延命や精力旺盛に効果がある」と言われています。 お味も抜群のとのことですから、この機会に是非いただいてみましょう。

基本情報

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金通常
無料

美深町チョウザメ館入場料・入館料

営業時間・休館日

時間
9:00 ~ 17:00
休館月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始

美深町チョウザメ館営業時間・休館日

公式ホームページ

美深町チョウザメ館

よくある質問

授乳室はありますか?

×

ベビーカーのレンタルはありますか?

×

車椅子のレンタルはありますか?

×