北海道「市立室蘭水族館」の料金・営業時間・アクセス・見どころ

室蘭

1953年に「北海道立水族館」として開設された、北海道で1番古い水族館です。昔ながらの「車窓風」の展示スタイルを残しつつ、新しい展示やイベントにも力を入れています。ペンギンの行進も大人気で、間近にペンギンを見ることができますよ。屋外には芝生の広場があるので、天気の良い休日など親子連れでお弁当を食べる姿が多く見られる、市民の憩いの場にもなっています。

室蘭にある、北海道最古の水族館

1953年に「北海道立水族館」として開設されて以来、周辺環境が変わりゆくなか60年以上親しまれている、室蘭を代表するスポットのひとつです。昔ながらの「車窓風」の展示スタイルを残しつつ、新しい展示やイベントにも力を入れています。

アブラボウズとクラゲは必見です!

室蘭水族館は、日本で最初に深海魚「アブラボウズ」の飼育展示に成功した水族館です。同館のシンボルマークにもなっており、館内の一番奥にどっしりと構えています。 また癒しのスポットとしてオススメなのは「クラゲコーナー」です。種類も多く、ゆっくりと楽しめるのではないでしょうか。

入口ではドクターフィッシュが待っています

 入り口すぐにドクターフィッシュの体験コーナーがあります。こちらの体験は無料!自由に手を入れて楽しむことができます。 小さな口を小刻みに動かすと手がモゾモゾとしてきますが、突然手を動かしたり大声を出したりしないで、フィッシュたちの口の動き方をじっくり観察してみましょう!

タッチプールでの体験が思い出に残るかも…

浅い水槽にヒトデや貝などが展示されており、室蘭の子どもたちは大体ここで初めて海の生きものとふれあうと言っても過言ではありません。もちろんこちらも誰でも体験できるので、大人の方でも初めての経験ができるかもしれませんね。

ペンギンの行進は、いつも大人気!

この水族館で大人気のイベントが「ペンギンの行進」です。時間になると施設内の決まったコースをペンギン達がお散歩するのですが、嬉しいのがペンギンと観客の距離です。かなり間近にペンギンを見ることができ、子どもたちも大喜び! ただしかわいい顔とは違ってクチバシはナイフのように鋭くザックリきれてしまうので、気を付けましょうね!

遊園地も併設なので、一日たっぷり楽しめる

屋外には観覧車やバッテリーカー、メリーゴーランドに豆汽車と豊富な遊具が設置されています。長時間滞在される方も多く、芝生の広場では天気の良い休日など親子連れでお弁当を食べる姿も見られますよ。

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金 通常
大人 400円
高校生 200円
1歳 ~ 中学生(市内) 無料
1歳 ~ 中学生(市外) 100円
0歳 無料

営業時間・休館日

時間
4月27日(金) ~ 5月2日(水), 5月6日(日) ~ 7月24日(火), 8月21日(火) ~ 10月8日(月) 9:30 ~ 16:30
5月3日(木) ~ 5月5日(土) 9:30 ~ 17:00
7月25日(水) ~ 8月20日(月) 9:30 ~ 17:00
休館 上記営業期間以外は閉館

公式ホームページ

市立室蘭水族館

よくある質問

授乳室はありますか?

館内に1カ所

ベビーカーのレンタルはありますか?

×

車椅子のレンタルはありますか?

×