福島「アクアマリンふくしま環境水族館 」の料金・営業時間・アクセス・見どころ

アクアマリンふくしま

福島県の沖が暖流と寒流が混ざり合う「潮目」になっていることを伝える水族館で、サンマが群れで泳ぐ姿を観ることができます。

生きものの進化が体感できるように、原始的なサルと言われるレッサースローロリスも飼育展示されています。

約10名のグループで行われるバックヤードツアーでは、ガイドが水族館の裏側を詳しく丁寧に説明してくれますよ。

「アクアマリンふくしま」のおすすめポイント

アクアマリンふくしまで「潮目の海」を感じよう

アクアマリンふくしまは、休日ともなると県内外からたくさん子ども連れやファミリーが集まります。広い館内にたくさんの生きものが、また野外にも生きものが飼育されいて魅力的です。

参加型のイベントもたくさん開催されていて、貴重な体験を行える水族館です。

福島の海は暖流と寒流が混ざり合う「潮目の海」

この水族館では、福島県の沖が暖流と寒流が混ざり合う「潮目」になっていることを、水槽展示を通して伝えています。その1番が、生きたサンマの展示です。

アクアマリンふくしま

実はサンマが群れで泳ぐ姿を観ることができるのは非常に珍しいのです。 青白く光るサンマたちはとても臆病なので照明も落としています。幽玄な雰囲気の中で、身近だけどあまり知らない「生きたサンマ」をじっくり観察してみましょう。

自分で釣って、調理して、食べる!

水族館はテーマごとに18のエリアに分かれています。その中に「アクアマリンえっぐ」というテーマゾーンがあります。ここでは自分で魚を釣って調理して、食べることができるのです!

またこのゾーンではさまざまな学習テーマに合わせた動物も飼育展示されていて、「生きものの進化」を体感できるよう、原始的なサルと言われているレッサースローロリスも観ることができるのです。水族館ですがさまざまな小動物がいるのも興味深いところですね。

水族館の裏側探検も、ぜひ参加してみよう!

参加型の体験イベントも多く、その中でもおすすめは、「バックヤードツアー」です。約10名のグループで行動し、ガイドが水族館の裏側を詳しく丁寧に説明してくれます。

普段は水族館の裏側を見ることはなかなかできないので、幅広い世代の方が楽しめると人気です。子連れやデートにもオススメですよ。

ゆっくりと休息をとりながら観覧できるように、椅子も多く設置

館内は椅子や机がところどころに設置されているので、軽く休憩しながらゆったりと水族館内で過ごせます。お子さん連れのファミリーにぴったりな雰囲気で、のんびりとした休日を楽しめる施設です。

基本情報

アクセス・住所・電話番号

入場料・入館料

料金通常年間パスポート
一般1,850円4,250円
小・中・高校生900円2,100円
未就学児無料

環境水族館アクアマリンふくしま入場料・入館料

営業時間・休館日

時間
3月21日 ~ 11月30日9:00 ~ 17:30 (入館は16:30まで)
12月1日 ~ 3月20日9:00 ~ 17:00 (入館は16:00まで)
休館年中無休

環境水族館アクアマリンふくしま営業時間・休館日

公式ホームページ

環境水族館アクアマリンふくしま

よくある質問

授乳室はありますか?

館内に2カ所

コインロッカーはありますか?

館内に2カ所

ベビーカーのレンタルはありますか?

無料

車椅子のレンタルはありますか?

無料